AirPowerは、iPhone XSパッケージに明記、iOS 12.1コードでは開発を継続中?

0
166

先週のアップルのイベントで注目されていた製品の一つに、2017年9月のイベントでもともと発表されたAirPowerがありました。 AirPowerは、最大3台まで同時に充電できる充電マットですが、最近の報告によると、アップル社はアクセサリに関する一連の工学的不具合に直面しているといいます。



AirPowerは、iPhone XSパッケージに明記、iOS 12.1コードでは開発を継続中?

今日販売開始される、iPhone XSのパッケージとiOS 12.1に、AirPowerがまだリリースされる可能がある痕跡が残っています。

AirPowerは、3つの異なるQiチャージャーの単純な組み合わせではなく、マットのどこの場所でもデバイスを充電できるQi規格の拡張版です。また、iOSとの緊密な統合も特徴で、iPhoneを他のデバイスと一緒に充電すると、iPhoneがAirPower用のユーティリティになり、滑らかなインターフェイスで各デバイスの充電ステータスが表示されます。

AirPowerの複雑さは、エンジニアにとって大きな問題となっています。AppleはAirPowerが「2018年に」利用可能になると発表していましたがこの問題により未だにリリースできない状況下にあります。

しかし、iPhone XSのパッケージ記載内容とiOS 12.1のソースコードの証拠によると、AirPowerのリリースが遅れる可能性はあるものの、AirPowerの開発が続いていることが示唆されています。

iOS 12.1を見ると、AirPowerを使用しているときに表示される充電インターフェイスの管理を担当するiOSコンポーネントが更新されていることを発見しました。これはAppleがまだAirPowerプロジェクトに積極的に取り組んでいることを意味します。

さらに、iPhone XSに同梱されている「スタートガイド」の図には、AirPowerが明記されています。 「AirPowerやQi認定のワイヤレス充電器の上にスクリーンを上向き状態でiPhoneを置く」と書かれています。画像はTwitterでGavin Stephensによって共有されました。