Apple、2018年版iPhoneでは、より高速なワイヤレス充電を可能に

0
174

iPhone 8とiPhone Xは最大5Wでワイヤレス充電可能になりましたが、AppleはiOS 11.2のリリース直後にこれを7.5Wまで高速充電可能にしました。しかし、今日の新しいレポートによると、2018年版iPhoneのうちの少なくとも1台は、ワイヤレス充電コイルの変更により、15Wの高速充電が可能になるといいます。



Apple、2018年版iPhoneでは、より高速なワイヤレス充電を可能に

現在、iPhone 8またはiPhone Xでワイヤレス充電を使用する際のデミリットは充電スピードです。 Lightningケーブルを使用する必要がない分便利ですが、充電には2倍近い時間がかかります。

サムスンは、新しいスマートフォンで15Wの高速ワイヤレス充電をサポートしており、チャイナ・タイムズの報道によると、アップル社は2018年のiPhoneラインアップに新しいワイヤレス充電コイルを導入し、現在の7.5Wの限界を超えて充電出来るようにするといいますとか

iPhone 8/8 PlusおよびiPhone Xは、ワイヤレスチャージャーコイル用のフレキシブルプリントサーキット(FPC)を使用しています。

主な利点の1つは、FPCコイルが薄くて軽いことですが、欠点は充電効率が悪く、過熱の影響を受けやすいことです。このレポートによると、FPCは非効率なため、iPhoneの7.5Wワイヤレス充電は、5W有線充電よりも遅い場合があるといいます。

Appleは、より速い10Wまたは15Wのワイヤレス充電を提供するために、新しいiPhoneの少なくとも1モデルに銅線コイルを使用していると言います。 FPCと比較して、銅コイルは、より高い効率性で電力を供給できますが、銅コイルは、フレキシブルプリント回路よりも厚くなります。