iPhoneカメラアプリでQRコードをスキャンできるようにする方法

0
117


もともとは企業向けに作られていましたが、QRコードは、消費者がすぐに情報を入手したり、Webサイトに簡単にいけたり、アプリをダウンロードする手段として長く使われてきました。 QRコードは消費者に情報を提供しやすく、QRコードはスマートフォンのカメラアプリで読むことができるためとても便利です。

一部のAndroidベースの端末には、標準搭載のQRコードスキャナーが含まれていますが、以前のiOSでは、ユーザーはサードパーティのアプリに頼らざるを得ませんでした。しかし、Appleの最新のiOS11には、iOSの標準カメラアプリにQRコードスキャン機能が組み込まれているため、カメラアプリで写真をとるように簡単にQRコードを読み込ませることができます。今回は、iPhoneカメラアプリでQRコードをスキャンする方法をご紹介します。



iPhoneカメラアプリでQRコードをスキャンできるようにする方法

以前のiOSバージョンのオペレーティングシステムではこの機能を利用できないため、iOS 11以降を実行していることを確認してください。

iOS 11を起動したら、iPhoneのカメラアプリを開き、スワイプして写真撮影モードまたはスクエア撮影モードを選択します

次に、カメラをQRコードに近づけます

QRコードを読み込めるまで近づくと、自動でQRコードが読みこまれます


iPhoneがQRコードが読み取れると、画面の上部に通知が表示され、通知をタップすると、SafariまたはApp Storeが起動します。

iOS 11でQRコード読み取り機能を無効にする方法

QRコードスキャン機能は、iOS 11にアップグレードするとデフォルトで有効になりますが、画像に干渉したくない場合はオフにすることができます。

iOS 11でQRコードスキャンをオフにするには、[設定]> [カメラ]に移動します。
そこで、「QRコードをスキャン」トグルスイッチが表示されます。トグルをタップしてオフにします