Tweetbotは、Twitter APIの変更によりストリーミング、アクティビティ/統計情報タブが使用不可に

0
232


TapbotsはiPhoneとiPad用のTweetbotのアップデート版をリリースした。これは明日に予定されているTwitterのAPI変更に向け、多くの機能を削除し、対応したバージョンになります。 Twitter APIの変更により、主にアラートアクティビティ機能に焦点を当てていたTweetbotのApple Watchアプリも削除されました。



Tweetbotは、Twitter APIの変更によりストリーミング、アクティビティ/統計情報タブが使用不可に

Tapbotsは、最新のリリースノートで新しいバージョンについて語っています。

8月16日、TwitterはTweetbotで使用しているパブリックインターフェイスの一部を無効にします。 Twitterはこれらのインターフェースに代わるものを提供しないことを選択したため、特定の機能を無効にしたり、機能を低下させる必要が出てきました。これについては申し訳ありませんが、残念ながら完全にコントロールできないものになります。

WiFiでのタイムラインストリーミングが無効になりました。タイムラインは、代わりに1〜2分ごとに自動的に更新されます。

メンションやダイレクトメッセージのプッシュ通知は数分遅れます。

Likes、Retweets、Follow、およびQuotesのプッシュ通知は無効になっています。私たちは、これらのいくつかを将来的にリリース出来るよう調査していきます。

[アクティビティ]タブと[統計]タブは削除されました。

アクティビティデータに大きく依存するウォッチアプリが削除されました。

TwitterのAPIの変更は、残念ながらすべてのプラットフォーム上のすべてのサードパーティTwitterアプリに影響を及ぼします。