Intel Power Gadgetユーティリティが利用不可に!MacBook Pro 2018年モデルで問題か?

0
106


MacのCPU温度やクロック速度などの情報を報告するIntel Power Gadgetアプリのダウンロードリンクが、今、IntelのWebサイトから削除されてしまっています。このページにはなぜ、Intelがなぜ突然ダウンロードリンクを削除したのかについての説明はありませんが、不思議なタイミングではあります。このユーティリティアプリは、技術調査をしているユーザーが6コア2018 MacBook Proで発生している熱問題の指摘に使われていました。



Intel Power Gadgetユーティリティが利用不可に!MacBook Pro 2018年モデルで問題か?

AppleまたはIntelは、おそらくこのツールのレポート機能に不正確さがあることを発見し、現在、アプリを更新中です。

アプリの最新バージョン、Intel Power Gadget 3.5.2は、昨夜まで無料でダウンロードできました。インテルの公式ダウンロードサイトからは現在利用できませんので、Redditユーザーがコピーをアップロード提供しています。

最新世代のMacBook Proは、同じハードウェアシャーシ設計を維持しながら、新しい、パワーハンギング、クアッドコア、および6コアCPUを搭載しています。特にハイエンドモデルのCore i9チップを搭載した15インチMacBook Proの場合、ビデオガードのような長時間実行されるタスクでプロセッサがベースクロック速度を下回る問題あると報告が出てきてたいます。

YouTuberのDave Leeはこの点を指摘し、2018年版MacBook ProはAdobe Premierビデオのエクスポートで前世代モデルより遅いことを実証しました。

新しいi9チップが内部温度を維持するために大幅な抑制機能が働いている可能があります。私たちのテストでは、2つのコアを無効にすると、実際には6つのコアがすべてアクティブだった場合よりも、Final Cut Proのエクスポート速度が速くなることが判明しました。

この問題の発端の1つは、Intel Power GadgetがCPU周波数を800MHzまで報告できるという点です。ただし、必ずしもCPUがスロットルされているわけではありません。ハードウェアデコーダのような他のコンポーネントが動作している間は、CPUがアイドリングしている可能性があります。インテルでは、周波数の低下を合理的に説明するためにツールを更新する可能性があります。

執筆時点では、Mac版のIntel Power Gadgetのみが使用できません。 WindowsおよびLinux用のダウンロードは引き続き提供されています。