iOS 11.4.1で、iPhoneとiPadのUSBアクセサリ利用を制限する方法

0
71


iOS 11.4.1アップデートには、USBアクセサリを使用しiPhoneおよびiPadデバイスとの接続を制限する新しいセキュリティ機能が含まれています。 1時間、iPhoneまたはiPadのロック解除がなかった場合、iOSはLightningポートの機能を無効にして、USBアクセサリがデバイスと通信できないようにします。

USB電源チャージャは影響を受けませんが、電源を供給するUSB​​アクセサリの中には、デバイスのロックが解除されないとデバイスを充電できないものがあります。アップルは、この機能について新しいサポート記事を追加しています。

アップルはなぜLightningポートに制限を設けた背景にはいくつか理由があるようです。

Graymarketセキュリティ会社は、Lightningポートを介してメッセージを送信し、iPhoneセキュリティシステムを突破するツールを作成しました。 Grayshiftは、数ヶ月間、法執行機関向けに販売されてきたツールとして最も著名なメーカーでした。このツールにより、パスコードを連続で入力することで、4桁または6桁のパスコードを分析しみつけることができます。

法執行機関が利用するこのツールは、犯罪者によって使用されることもあります。そのため、アップルは、デバイスのセキュリティを強化し、Lightningポートの動作方法に新たな制限を加えることで対応しています。理論的に、iOS 11.4.1は、これらのGrayshiftツールが機能しないように制限をかけるものです。iOSデバイスは、過去1時間、ロックが解除されていない場合、iPhone端末とデバイスとの通信を制限します。

iOS 11.4.1がiPhoneにインストールされていると、1時間以上デバイスがロックされている場合、悪意のある当事者がこれらのツールを使ってiPhoneのロックを解除することはできません。

Appleはサポート記事で、認証されたiOSデバイスの場合は、アクセサリを接続した時、iOSデバイスがロックされていても、接続されたままの状態でiPhoneまたはiPadはアクセサリを切断しないと説明しています。また、充電器には影響しません。制限モードでは、バッテリに電力を供給することができます。ただし、iOS 11.4.1の結果、他のよりスマートなものを充電して実行するアクセサリが充電されないことがあります。

ロック画面で以下のメッセージが表示された場合、iOSデバイスがアクセサリと通信していないことを確認できます。



USBアクセサリへのアクセスを常に許可する方法

設定を制御するトグルは設定のパスコード設定画面にあります。メインの[設定]ページで、[FaceIDとパスコード](iPhone Xを使用していない場合はTouch IDとパスコード)を選択します

次に、[ロック中にアクセスを許可]セクションまでスクロールします

「USBアクセサリ」の横にあるトグルは、デフォルトではオフになっています


スイッチがオフの場合、USBアクセサリの1時間のロックアウトが有効であることを意味します。この機能を無効にするには、切り替えをオンに切り替える必要があります。トグルが有効な場合、USB利用制限機能は無効になります。