Apple、iOS 12のデザインリソースをアップデートし、iPadのUI要素とKeynoteキットを追加

0
280


WWDC基調講演の後、AppleはDesign Resourcesページを更新し、iOS 12で導入された新しい要素を追加しました。

今日まで、アップル社はSketchやAdobe PhotoshopやXDのような人気のあるツール用のiOS UIテンプレートをデザイナーに提供していました。今回、初めて、Apple独自のアプリであるKeynoteファイルが利用できるようになりました。



Apple、iOS 12のデザインリソースをアップデートし、iPadのUI要素とKeynoteキットを追加

Keynoteはプレゼンテーションツールとして人気ですが、プロトタイプアプリ制作で、多くのデザイナーに人気があります。このアプリは、これまでのWWDCでのデザインセッションの焦点でもありました。

アップルデザインエバンジェリストのMike Stern氏のつぶやきによると、iPadのUI要素とテンプレートもiOS 12のデザインリソースに追加されています。デザイナーは、システムグリフやアプリアイコンなど、iOSの最新バージョン用にいくつかのテンプレートを更新しています。

watchOS 5とmacOS Mojaveのリソースはまだ利用可能ではないようですが、AppleのiOS 12リソースはここからダウンロードできます。