iOS 12では、2つのiPhoneで、同じ仮想オブジェクトを見れるようARKitをアップグレード

0
137

AppleのWWDC開催に近づくにつれて、Appleが発表する予定の内容について、新しい詳細がリークされてきています。 Reutersは、AppleがiOS用の拡張現実フレームワークであるARKitをアップグレードしようとしていると報告しており、2人のユーザーが同じ仮想オブジェクトを見ることができる機能が計画されており、ユーザーのデータプライバシーを考慮して実装されると報告されている。



iOS 12では、2つのiPhoneで、同じ仮想オブジェクトを見れるようARKitをアップグレード

ロイター通信は、アップル社は、このプロセスをiPhone間でローカルに保つことによって、アップルのサーバーに画像をアップロードすることによるプライバシー問題を避けていると述べている。

Appleは来週、2人のiPhoneユーザーが拡張現実感を共有できるツールを発表する予定だ。目標は、2人のユーザが同じ空間内の同じ仮想物体を個々の装置を介して見る機能である。これまでに報告されていないアプローチで、クラウドに送信され、クラウドに保存されるプレイヤーの環境読み込みを必要とするGoogleとは異なります。