WWDCで新型MacBookやiPadの発表はなし?再設計されたApple Watchが登場?

0
236

ブルームバーグは来週のWWDCで何が発表されるか予測し、Appleの新商品発表に関してあまり期待できないと報じています。具体的には、新しいMacやiPad Proは昨年のように登場しないと予測されています。



WWDCで新型MacBookやiPadの発表はなし?

Appleは2017年のデベロッパーカンファレンスでMacBookとMacBook Proのスペックアップを発表し、10.5インチのiPad Proと第二世代12.9 iPad Proを発表したが、BloombergのMark Gurman氏は今年は後半にAppleが今年の新モデルが発表されると予測している。

Apple社は、新しいIntel社のチップを搭載したMacBook Proや12インチMacBookのリフレッシュに取り組んでおり、MacBook Airを成功させるための新しい低価格ラップトップを計画中である。しかし、計画に関与している人たちによると、今年の後半までは準備ができていないだろうといいます。アップル社はまた、Face IDを搭載した再設計されたiPad Proに取り組んでいるといわれています。

この報告書はまた、退職する前に発表した、KGI証券のMing-Chi Kuo氏の最終的なアナリストノートの1つを裏付けている。そこでは、Kuo氏はAppleが今秋再設計されたApple Watchをリリースすると予測していた。Kuo氏は、Apple Watchは15%ディスプレイが大きくなると述べていました。

同社は、現在のモデルの全体的なサイズを維持する新しいApple Watchに取り組んでいるが、製品の開発に精通している人によると、わずかに大きいエッジツーエッジのスクリーンが含まれている。これらの変更は、Apple Watchが約3年前に発売されて以来、最も顕著な外部強化となるが、新しいモデルは以前のモデルの時計バンドを引き続きサポートするという。

ブルームバーグは、新しいデジタル健康イニシアチブ、通知管理機能、マルチプレイヤーゲーム機能を備えたARKit 2.0、iOSアプリがMacに登場する可能性を指摘している。