HomeScanは、HomeKitスマートホームアクセサリのBluetooth信号強度を確認できるアプリ

0
595

HomeCamとHomePassアプリのメーカー、Aaron Pearceは本日、すべてのBluetooth HomeKitアクセサリの信号強度を確認できるシンプルなアプリ、HomeScanをリリースしました。信号が弱い機器をすばやく特定し、最適なスマートホームセンサーの配置を行えることを目的としています。



HomeScanは、HomeKitスマートホームアクセサリのBluetooth信号強度を確認できるアプリ

一部のスマートホームアクセサリは、Zigbeeのような独自のプロトコルに依存しています。たとえば、Philips Hueライトハブは、ZigbeeプロトコルでHueアクセサリと通信し、イーサネット経由でホームWiFiルータに接続、iPhoneまたはApple TVなどのHomeKitクライアントとWiFiで通信します。また、WiFiネットワークに直接接続するKoogeekソケットのようなアクセサリーもあります。

Elgato Eveセンサーのようなバッテリ駆動のアクセサリは、Bluetooth HomeKitプロトコルを使用します。これらはiOSデバイスやApple TV、HomePodなどのHomeKitハブに直接接続します。ブルートゥースの範囲は一般的にかなり広いですが、厚い壁や他の機器からの干渉により低下する可能性があります。接続が弱い場合、アクセサリがHomeKitリクエストに応答するまでに時間がかかります。デバイスがまったく接続できない場合は、単に「応答なし」ステータスがホームアプリに表示されます。

Appleのビルトインアプリを使って問題を診断するのは良い方法ではありません。 HomeScanは、自宅を移動しながらリアルタイムでBluetoothアクセサリの信号強度のダッシュボードを表示することができます。 HomeScanを使用すると、センサーへの接続が弱い機器がわかるため、新しい場所に移動させたり、ホームハブを近くに持ってくるなどの対応が可能になります。

HomeScanアプリを起動しながら歩くと、信号の強さを示すグラフが自動的に更新されます。HomeScanは近くのすべてのBluetoothデバイスの接続強度を表示します。

HomeScanはBluetoothベースのHomeKitアクセサリの信号の強弱を確認できる、ニッチでシンプルなユーティリティアプリですが、iPhone、iPad、Apple Watchアプリを提供しています。有料ですが、価格も比較的お手頃なものになっています。

HomeScan for HomeKit
ライフスタイル, ユーティリティ¥120iOSユニバーサル