Android TV用Android Pが発表!自動入力、自動インストール、パフォーマンス向上など

0
321

I / O 2018の「Android TVの新機能」セッションでは、GoogleはAndroid TV向けのAndroid Pを発表しました。このアップデートにより、ローエンドのデバイスでのプラットフォームのパフォーマンスが向上、特にモバイルと再設計された設定が改善されました。



Android TV用Android Pが発表!自動入力、自動インストール、パフォーマンス向上など

ローエンドのパフォーマンス向上は、エントリーレベルのデバイスのパフォーマンスを向上させることを目的としています。これにより、より多くのデバイスがOS、特に安価なスマートTVで利用可能になります。

合理化されたセットアッププロセスにより、オンボードプロセスが3分の1に短縮、Android端末にはGoogleアカウントを自動的に転送するための設定通知が届きます。ブラウザのサインアッププロセスは、iOSとラップトップでも優れています。また、設定アプリに推奨設定機能もあります。

一方、アプリディスカバリーはPlay自動インストールで設定プロセスの一部になりました。これは、以前のテレビデバイスにインストールしたアプリや携帯端末で利用できるアプリを考慮しています。ダウンロード後は、携帯電話と同様に、Googleに自動入力機能が追加されます。


Android Pの一環として、Android TVをリビングルームのプラットフォームとして確立できる新しいハードウェアフォームファクタを導入しています。遠距離マイクロホンを追加することで、スマートスピーカーのように機能する常時オンのGoogleアシスタントが可能になります。

Android TVには、スマートテレビ、セットトップボックス、特にケーブルテレビや衛星放送の有料テレビ事業者などのデバイスカテゴリで、100を超えるパートナーが参加しています。料金は毎年倍増しています。一方、アプリやゲームのエコシステムも3,600以上のアプリケーションで成長しています。昨年の米国発足後、Googleアシスタントは、英国、フランス、ドイツなど、2018年にかけて国際的に展開しています。

Android PプレビューSDKは、テレビエミュレータで利用可能です。