来年のiOS 13は、iPadアプリを中心に大幅改善を計画?

0
404

ブルームバーグのMark Gurman記者がTwitterで共有した情報によると、Appleは来年のiOS 13アップデート(コードネーム「Yukon」)で、iPad関連の主要機能を大幅に改善する計画だと伝えています。

Appleは、ファイルアプリの大幅改善、MacOSアプリで利用可能なアプリ内タブ機能、Split Viewマルチタスクモードで同じアプリを並べて使用できる機能、Apple Pencilの改善に取り組んでいると言われています。



来年のiOS 13は、iPadアプリを中心に大幅改善を計画?

Gurman氏は、もともとiOS 12向けに計画されていた一部の機能は、Appleがバグ修正と性能向上に取り組めるように、iOS 13まで延期されると述べています。これらの機能には、デザイン変更されたホーム画面と改良された写真アプリも含まれています。

最新バージョンであるiOS 11は、ファイルアプリ、新しいiPadドック、新しいアプリスイッチャー、ドラッグ&ドロップサポート、インスタントマークアップやインスタントノートのような新しいApple Pencil機能、再設計されたクイックタイプのキーボードなどがありました。

今年のiOS 12は、Appleが当初計画していたものよりも少ない新機能を提供する予定ですが、MacOS 10.14に影響する少なくとも1つの大きな変更が導入されると言われています。 Appleは、iPhoneとiPad用に設計されたアプリをMac上で実行できるようにする機能の実装を進めていると言われていますが、この機能の噂にはいくつか意見の相違があります。

アップルは、6月4日(月)に始まるWWDC デベロッパーズカンファレンスで、iOS 12、macOS 10.14、tvOS 12、watchOS 5を発表する予定です。最初の日にはこの発表をおこなう基調講演があります。