マイクロソフトのスマートマットは、物理的な世界とデジタル世界のシームレスな連動ゲーム

0
137

過去数年間のビデオゲームトレンドの1つは、人気のあるおもちゃとデジタルとの融合です。任天堂、レゴ、ディズニーのような大手プレイヤーは、デジタルと実際のおもちゃをインタラクティブに連動させたゲームの取り組みを強化しています。また、 Project Zanzibarと呼ばれる、Microsoftの最新の取り組みでは、インタラクティブなNFCベースのスマートマットを使用し、物理的な世界とデジタル世界を融合させたゲームを作り出しています。



マイクロソフトのスマートマットは、物理的な世界とデジタル世界のシームレスな連動ゲーム

MicrosoftのProject Zanzibarは、多様な検出アレイ、NFC(near Field Communication)、マルチタッチを組み合わせたスマートマットで、インタラクティブなコンピュータ周辺機器に独自の技術を提供します。マットはタッチ、ジェスチャーを感知し、アイテムの配置を認識することが可能、ビデオゲームの世界に主幹を置いています。 Mario Amiiboをどのように配置してSuper Smash Brothersをデジタル世界にどう登場させるかなど、Microsoftは最も包括的でインタラクティブなtoys-to-life体験を提供しようとしています。

マイクロソフトの公表ビデオでは、Project Zanzibarのチームが、スマートマットが実世界のオブジェクトをどのように追跡して相互作用するかを説明するため、いくつかのゲームを紹介しています。ペアになっているNFCデバイスで、あらゆるオブジェクトやデバイスがマットとインターフェースできます。LEGOの事例では、マイクロソフトのスマートマットの最も魅力的なアプリケーションをつかって、レンガ造りの作品をデジタル世界にも連動させてて表示しています。


現時点では、マイクロソフトがこの製品をいつリリースするかは未定です。スマートマットは初期段階ですが、マイクロソフトの創造性の斬新さと有用性は素晴らしいものです。プ