Adobeは、クリエイティブクラウドのビデオツールでAI機能のSenseiを追加し、強力なアップデート

0
78


Adobeは、4月7日にラスベガスで開催される2018年のNABショーに合わせて、同社の写真ソフトの改良だけでなく、プロフェッショナルビデオツールの大幅な強化を発表しました。



クリエイティブクラウドのビデオツールでAI機能のSenseiを追加し、強力なアップデート

昨年秋に、Adobe MAXで発表されたCreative Cloud 2018 アップデートの一環として、今日のリリースが行われています。Adobeは、新しい機能は、より短期間に、より多くの作業と、多くのコンテンツを制作する事が必要になっているコンテンツ制作者のニーズへ対応していると語っています。

Premiere Pro CC

Adobe Sensei搭載の新機能は、ノンリニアエディタである、Premiere Pro CCのアップデートでも追加されています。

ショットは、ルメトリ調整を使用し、ワンクリックでカラーマッチングが可能になりました。これにより、編集者は、ショット間の視覚的な一貫性を素早く作り出せ、参照写真から求めている外観に素早く一致させることもできる。ショットは新しいスプリットビューと比較できます。

Adobe Senseiを搭載したAutoduckingもPremiere Proの新機能で、ダイアログの前後でサウンドトラックのオーディオを自動的に調整します。

After Effects CC

Adobeのビジュアルエフェクトツール、After Effects CCは、コンポジションの複数のバージョンにまたがる個々のエフェクトの変更を適用できるようになりました。この機能は、マスタープロパティと呼ばれる新しいツールを利用しています。

新しいアドバンストパペットツールを使用すると、複雑なモーションや流体アニメーションをより速く簡単に実現できます。

Adobeは、今日のAfter Effectsのリリースで360度ビデオの編集ワークフローにも対応しています。 Adobe Immersive Environmentは、アプリケーション内で使用可能になり、MicrosoftのWindows Mixed Reality Platformでサポートされています。

Audition CC

Premiere Proで作成されたプロジェクトをAuditionでネイティブに開くことができ、編集ワークフローをより効率的にすることができます。トラックパネルが再設計され、アルバムアートとスクリプティングのサポートが追加されました。

Character Animator CC

Character Animator CCには、ルーチンのタスクをより効率的にするために設計されたビヘイビアとカスタムトリガーのライブラリが追加されました。ビヘイビアは新しい直感的なドロップターゲットで変更または追加できます。

これらのアップデートは、他のパフォーマンス強化、インターフェイスの調整、ワークフローの改善、Adobe Stockとのより良い統合が可能になっています。変更の全リストについては、Adobeのウェブサイトをご覧ください。

LightroomおよびCamera Rawプロファイル

Adobeはまた、Lightroom Classic CC、Lightroom CC、Adobe Camera RawのCamera Profiles機能を大幅に強化し、「Profiles」と改名しました。アクセスを容易にするほか、6つの新しいAdobe Rawプロファイル、40の新しいCreativeプロファイル、プロファイルブラウザが追加されました。

写真を編集するときにプロファイルを使用して、画像に特定のルックアンドフィールを追加できます。Adobeは、Adobe Colorと呼ばれる、独自の新しいRAWプロファイルそれぞれについて、概説しています。

Adobe Colorは、ウォームトーンの表示とレンダリングを大幅に改善し、特定の色範囲の間の遷移を改善し、写真の開始コントラストをわずかに増加させるように設計されています。

Adobeモノクロームは、白黒写真の出発点として慎重に調整されており、Adobe Standardで始まり、白黒に変換された写真よりも優れた色調の分離とコントラストが得られます。

Adobe Portraitはすべての肌色に最適化されており、肌色のコントロールと再現性が向上しています。コントラストと彩度を写真全体の肌色に適用すると、重要な肖像画のコントロールと精度が向上します。

Adobe Landscapeは、その名前が示すように、より鮮やかな空と紅葉を備えた風景写真用に設計されています。

Adobe Neutralはコントラストが非常に低い出発点を提供し、最も制御したい写真や非常に難しい色調範囲の写真に役立ちます。

Adobe Vividは、パンチのある、魅力的な出発点を提供します。

いくつかのプリセットメーカーがAdobeを使用してプロファイルを作成しており、その多くはすでに利用可能です。

プロファイルの強化に加えて、Lightroomは今日すべてのプラットフォームで新しい機能を提供しています。

Lightroom Classic CCはインターフェイスの調整を受けています。

MacとWindows用Lightroom CCはNASデバイスと新しいフィルタリングオプションをサポートし、iOS用Lightroom CCはジオメトリタブ、フィルムグレインシミュレーション、iPadでの左手編集、カメラモデルのサポートなどがあります。