Appleは、Siriがロック画面の通知を読んでしまうバグ修正を約束

0
173

Appleは、Siriがロック画面の隠れた通知を読んでしまうバグを修正する約束をしました。 AppleはMacRumorsへの声明で、「私たちはこの問題を認識しており、今後のソフトウェアアップデートで対処されるだろう」と述べた。修正は、Appleリリース予定のiOS 11.3 か、現在ベータ版のiOS 11.2.7 マイナーアップデートで対応すると予測されます。



Appleは、Siriがロック画面の通知を読んでしまうバグ修正を約束

iPhoneがロックされている時にメッセージのプレビューをオフにしていても、オリジナルのバグにより、Siriはサードパーティのアプリの通知をロック画面で表示してしまうバグが、最近、発見されていました。 iMessagesとSMSテキストにはこのバグがなく、プライベートに保つことができているようですが、Facebook Messenger、Slack、AppleのMailアプリなどの電子メールアプリは、すべてSiriでメッセージを読むことができます、

誰でもiPhoneのホームボタンまたはiPhone Xのサイドボタンを押して音声認識なしでSiriを起動でき、通知を読むように頼むことができます。Appleが修正を行うまで、既存のiOS 11.2.6にはそのバグが残っています。