Windows 10の次回のアップデートは「Spring Creators Update」

0
782


マイクロソフトでは、第3のWindows 10アップデートに「クリエイターアップデート」という名前を再利用する予定です。マイクロソフトは、来月リリース予定の次のWindows 10アップデートの正式名称を不明確にしているが、Spring Creators Updateという名で、次のアップデートをテストしている。今秋のリリース予定のRedstone 5アップデートの最新テストビルドには、「Windows 10 Spring Creators Update」が掲載されています。



Windows 10の次回のアップデートは「Spring Creators Update」

マイクロソフトは昨年春にWindows 10 Creators Updateを発表し、秋にWindows 10 Fall Creators Updateを発表した。新しいWindows 10 Spring Creators Updateの命名は、もともとは昨年のMicrosoftのブログ投稿に掲載されていましたが、オペレーティングシステム自体には、初めて登場しました。

マイクロソフトでは、Timeline、HDRサポート、さらにFluent Designの変更などの新機能を搭載し、4月上旬にWindows 10 Spring Creatorsアップデートを公開する予定です。マイクロソフトは今、今年後半に利用可能となるコードネームRedstone 5の次期アップデートをテストし始めている。大きな変化は見られませんでしたが、ファイルエクスプローラや他のアプリのタブがこのアップデートで利用できるようようです。