GoogleのFlutterアプリ開発フレームワークがベータ版に!

0
308

昨日、GoogleはFlutterアプリ開発フレームワークの公式ベータ版を発表しました。これはアプリを作る1つの手段となり、魅力的なユーザーインターフェイスを実装することができます。



GoogleのFlutterアプリ開発フレームワーク

アプリの開発には2つの主要な手法があります。 一つは、ネイティブ開発で、AppleまたはGoogleがそれぞれ提供している、開発用プラットフォーム、ツールと言語を使用して開発します。

しかし、他の方法もあります。 AndroidのアプリケーションをC#で作成するには、MicrosoftのXamarinを使用するか、Apache CordovaでHTMLとJavaScriptを使用するか、FacebookのReact NativeフレームワークでJavaScriptを使用して開発することもできます。

専門知識を持っている場合は、これらのテクニックをミックスして開発することもできるでしょう。

GoogleのFlutterアプリ開発フレームワークは、その他の開発ツールに該当し、Google独自のクロスプラットフォーム(iOSと、Androidを同じプラットフォーム、開発言語)で開発することを可能にしてくれます。

公式ツールを使用したネイティブアプリの開発はむずかしくありませんが、
AndroidやiOS用に特別に書かれたコードは、別々に書くのはなかなか大変な作業です。