Logitechは、入力ダイヤルクラフトキーボード用のサードパーティ向け公式SDKを発表

0
130

Logitechは本日、Craftキーボードのサポート拡大を発表しました。このキーボードの卓越した機能は、クラウンと呼ばれる創造的な入力ダイアルです。クラウンをねじったり、回転させたり、クリックしたりすることで、ユーザーは設定したアプリでさまざまなツールをすばやく調整して、使用できます。本日の発表では、Adobe Lightroom Classic CCのサポートを紹介し、サードパーティアプリ開発者のために、公式SDKをオープンに発表しました。



Logitech Craftキーボードの公式SDK

LogitechのプロダクトマネージャであるArnaud Perret-Gentilは、この創造的な入力ダイヤルがどれほど強力であるかをデモンストレーションしています。

例としてPhotoshop CCを使用する際、ブラシツールを選択し、クラウンから制御できるすべての機能を表示します。軽くタップしてクラウンをオンにすると、ブラシのサイズ、硬度、不透明度、流れを調整できます。マウスやキーボードから指を離すことなく、このすべての操作が可能です。キーボードショートカットは必要ありませんが、Crownには既にPhotoshopの各主要ツール用に多数の機能が組み込まれています。

今日の発表はさらに色々なことを実現できるようにするものです。新しいCraft Software Developerキットにより、アプリケーション開発者はCraftの入力ダイアルとアプリケーションを統合することができます。これは、PhotoshopやSketchやPixelmator Proにある同じCraft機能を開発することができることを意味します。 Craftのダイヤルを回すだけで、Final Cut Proのタイムラインをすばやくスクラブすることができるようになります。

Logitechのオプションアップデートでは、AdobeのLightroom Classic CC、MacのプレビューとQuicktime、WindowsのAdobe Reader DCも正式にサポートされます。