ソニーの新しいデジタルカメラA7 IIIは、キヤノンとニコンも驚異のフルフレームミラーレスカメラ!

0
503

ソニーは2017年にA9シリーズの高価なパワーハウスカメラを発売したが、半分の価格でほぼ同等の性能を兼ね備えたA7 IIIをリリースした。新しいフルフレームA7 IIIは、画素が多くなり、低照度およびビデオ用途で優れたデジタルカメラとなっています。A7 IIIは4月に販売開始される予定で、価格は20万円台からの購入が可能になりそうです。



デジタルカメラA7 IIIは、フルフレームミラーレスカメラ

A7 IIIは、ソニーで、ミラーレスカメララインナップの「基本的なフルフレームモデル」としてに位置付けられています。しかし、A7 IIIの新しいシューティング性能はそれ以上です。 A7 IIIは、新しく搭載された、2400万画素の5軸光学式手ブレ補正センサーがあります。

同社のBionz Xイメージプロセッサの新バージョンもカメラ内部に搭載されており、そのセンサーを最大限に圧迫できるようになっています。その結果、トップラインの主力カメラ仕様と同等の性能を発揮します。 A7 IIIの撮影は、RAWまたはJPEGで最大10フレーム/秒、JPEGの場合は177画像、圧縮RAWの場合は89画像、非圧縮RAWの場合は40画像可能です。 15ストップのダイナミックレンジで画像をキャプチャし、14ビットのRAWファイルを出力します。さらに、4K HDRビデオと1080pで120フレーム/秒の高速映像を撮影します。また、より映画的なS-Log 2および3カラープロファイルでキャプチャする機能も搭載しています。プロセッサーも効率的で、単一のバッテリーで最大710ショットをキャプチャーできます。

グリッドビュー

A7 IIIには、フレームの93%をカバーする693のAFポイントがあり、ソニーはA7 IIの2倍の速さでオートフォーカスを提供します。 AFシステムは、微妙な低照度の状況でも頑丈であると考えられています。裏側の照度センサーが最大ISO 204,800を許容します。

注目に値するのは、230万ドットのOLEDビューファインダーで、A9やA7R IIIよりもはるかに小さい。 A7 IIIにはUSB Type-Cが搭載されていますが、ボディの後ろには耐候性のAFジョイスティックがあります。 A7 IIIの本体には11個のカスタムボタンが配置されていて、ソニーがA9で搭載したカスタマイズ可能な「マイメニュー」機能も搭載されています。

ソニーはミラーレスカメラの分野をリードしてきましたが、現在もDSLRが支配しているフルフレーム市場で特に注目を集めています。