日産は日本国内でロボットタクシーサービスを開始予定

0
120

 
 
日産は、自家用車のタクシーサービスを開始する準備を進めている。日産はDeNaと提携し、3月5日にEasy Rideロボットタクシーサービスを開始すると同社は述べている。



自動運転するロボットタクシーサービス

最初はテストで制限されますが、神奈川県、横浜みなとみらい地区を拠点にサービスを提供する。搭乗者は、新しいアプリを使って、自動で迎えにきた、日産リーフに乗ることがことができます。

日産の本社と横浜ワールド・ポーターズの間の4.5キロメートルの路線に沿って、指定した道を走るしくみになります。搭乗者は後部座席にのり、遠隔操作センターは車の移動を監視するしくみになります。同社は、2020年までにサービスをより広範な市場に拡大したいとしている。

また、日本の現地企業とのマーケティング取引にも重点を置いているようです。日産によると、車載のタブレット画面には、500近く近くの関心事やイベントが表示されます。さらに、地域の小売店やレストランの約40割引クーポンを参加者自身のスマートフォンでダウンロードすることもできます。

参加者は、全体のユーザーエクスペリエンス、地元の小売店やレストランからのコンテンツとクーポンの使用、Easy Rideサービスの優先価格に関するアンケートを完了するよう求められます。