サムスンは目で操作できるフライングディスプレイの特許を申請

0
309


Samsungの最新の特許では、顔や目の動き、手のジェスチャーで位置を検出できる統合ディスプレイを備えたドローンを申請しています。この特許は、各コーナーに4つのプロペラを備え、中央にディスプレイを備えたユニットを示しています。



フライングディスプレイの特許

この特許は、主制御ユニットに情報を送信するためのカメラおよび観測システムを含むドローンを記載している。システムは、ユーザーの目、頭、手、または指をリアルタイムで追跡することができます。ドローンの飛行速度と方向は、頭、目、または手を動かすことによって制御でき、ユニットは追加のジェスチャーなしで自動的にユーザーを追跡することもできます。

図3は、デバイスを側面から見たものです。この特許には、飛行の傾斜角を変更することができる「関節マニピュレータ」が記載されています。ユニット自体はクワッド・ロータ形状に限定されない、異なる形式に再構成することができます。

 

ユニットはまた、ジャイロスコープセンサ、モーションセンサ、振動システム、および/または加速度計を含んでいます。音声認識機能、GPSおよびWi-Fiベースの測位システムは、搭載される可能性があるその他の機能です。この出願は、2016年1月3日に提出され、2018年2月13日に付与されました。


図4はまた、スラスト方向を変えることができるジョイントマニピュレータ(113)およびプロペラを備えた側面図を示す。飛行中にディスプレイの角度を微調整することができます。ドローンには障害物検出ユニットがあり、飛行中に構造物やその他の物体を自動的に検出して回避することができます。

これらのサムスンドローンは、広告のようなものに使われてる可能性があります。通り沿いを歩いている時、歩行者の顔を検出してターゲット広告を表示できるような未来のガジェットになるかもしれません。