第2弾!iPad Proアーティストのためのおすすめドローイングアプリ

0
864

前回、iPad Pro向けのおすすめドローイングアプリを紹介しましたが、今回は続きの第2弾で、さらにおすすめのドローイングアプリを紹介します。



Animation Desk Cloud

Animation Desk Cloudは新しいアプリではありませんが、新しい点は、アプリとApple Pencilとの互換性です。タイトルに示されているように、Kdanのアニメーションデスクは、比較的基本的なアニーメーション作成向けアプリですが、アプリ内のアイテム購入を使用しなければ無料でつかるアプリです。アニメーション作成をはじめてやってみたい場合は、まずはAnimation Desk Cloudを使ってなれてみるのもおすすめです。

Pigment

Pigmentは、大人と子供のための究極の塗り絵アプリです。Apple Pencilをサポートし、8種類の鉛筆、マーカー、ブラシなどがあり、200以上のプロフェッショナルイラストを提供します。色の選択肢は無制限です。傑作を完成させたら、すぐに家族や友人と共有したり、印刷することもできます。より多くのオプションと色、デザインが必要な方には有料のアドオンがあります。



Concepts

アニメーションデスククラウドと同様に、Conceptsは、インダストリアルデザイン向けなどの、特定の目的のための設計がされたアプリです。このアプリには、デザインアプリから期待される多くのツールが含まれています。無限レイヤー(または少なくともiPadで扱えるもの)のサポート、SVGまたはCAD形式のエクスポートが可能です。現在のバージョンのAppはApp Store上でクールな4.5星を獲得しています。他の多くのアプリと同様、アプリは無料ですが、アプリ内購入を提供しています。

uMake

このアプリは3Dオブジェクトや建築設計を作成するモデラーやデザイナーに最適です。 uMakeを使用すると、デザイナーは軸上に2次元を描いてiPad Pro上に3D画像をレンダリングすることができます。3D効果をだすために、スケッチを回転または押し出すことができます。 2Dでデザインをスケッチしたら、正確な仕様に合わせて3Dレンダリングを変更できます。完成したら、uMakeはPNG、IGES、OBJファイル形式で書き出すことができます。アプリは無料ですが、フルセットを手に入れるには、月に10ドル、年に100ドルを支払う必要があります。

Pixelmator

Pixelmatorは無料ではありませんが、有料だけのことはあるアプリです。Pixelmatorはトリミングからレタッチ、スケッチからブレンドまで機能を兼ね備えています。このアプリには多数のツールが含まれており、Apple Pencilの使い方に細心の注意を払っています。実際に、アプリに含まれている数十種類のブラシは、Apple Pencilを完全にサポートしています。このアプリはアプリ内購入がありません。 買い切りで全ての機能が使えるのは、歓迎できる点です。

Procreate

Procreateはおそらく、このリストの中で最もプロフェッショナルで多彩な描画アプリケーションですが、1000円以上する高額アプリです。柔らかいパステル、オイルパステル、木炭、様々な硬度のグラファイトペンシル、アクリル、オイル、水彩画など、実際に近い、創造的な道具を巧みに模倣する描画ツールのフルセットが装備されています。媒体が何であれ、Procreateのデジタルツールは、実物に近い印象を与えます。紙やキャンバスのように、ストロークを汚したり、ぼかしたり、操作したりすることもできます。

その64ビットペインティングエンジンSilicaは、高速で応答性に優れており、iPad Pro with Pencilでは、Procreateでの描画やペイントがより自然に感じられます。いくつかのレイヤーを追加して、キャンバスをどのように高解像度にするかを決めることができます。 Proでは、64ビットカラーで16Kまでの解像度が可能で、アートワークをPSD、PNG、JPG、またはProcreateファイルとして書き出すことができます。

Paper by FiftyThree

Paper by FiftyThreeは、長い間、iPad描画アプリのなかで上位にくるアプリですが、昨年よりさらに多用途につかえるアプリになって来ています。このアプリには、今までの標準のクリエイティブツールスイートに加えて、ダイアグラム作成ツールとノート作成ツールが追加されました。水彩ブラシ、書道ペン、鉛筆、マーカー、ボールペン、消しゴム、ペイントローラー、はさみ、および定規をつかうことができます。写真を読み込んだり、取り込んだりすることもでき、テキストや図面でマークすることもできます。

作品は、FiftyThreeの創造的なコミュニティMixや、カメラロール、さらなる編集のために他のアプリで開くや、メッセージングアプリ、または選択したソーシャルネットワークに簡単に共有できます。もちろん、FiftyThreeは、新しいハードウェアとPaper by FiftyThreeを最適化するために、Appleと緊密に協力しているため、このアプリでは、AppleのPencilとiPad Proでシームレスに機能します。

Adobe Photoshop Sketch

アドビのiOSアプリケーションスイートはiPad Pro上で非常によく動作しますが、Sketchを特にお気に入りの特選アプリとして紹介します。スケッチブックを開くことなく、表現力豊かな描画や絵を作成することができます。アートワークはレイヤードPSDファイルとしてAdobe Photoshop CCに送信したり、Illustrator CCで最大4倍にリサイズして高解像度のコピーを印刷することができます。

このアプリには14のツール、デジタルルーラー、グラフガイドが含まれています。自分のイメージやストック写真をインポートして、その上で作業することもできます。 Creative Cloud接続を使用すると、PC上のPhotoshop CCまたはIllustrator CCにファイルを送信したり、Behaviorクリエイティブコミュニティとアートを共有できます。

Zen Brush 2

Apple Pencilのサポートにより、Zen Brush 2では、書道系のルックアンドフィールに焦点を当てた、アートを作成できます。このアプリは、作成した芸術や書道を披露するために、大きなバッグランドコレクションから選択することができます。このアプリでは、FacebookやTwitterのフィードに共有することもできます。 iPad ProとApple Pencilをお持っていない場合でも、Wacom IntuosおよびAdonit Jotとも互換性があります。

Tayasui Sketches

Tayasui SketchesはシンプルできれいなUIです、無料で多数のブラシがあり、クラッタのない空間を描くことができます。鉛筆、回転、水彩ブラシ、フェルトペン、消しゴムを無料で手に入れます。必要に応じて写真をインポートすることもできます。ソーシャルネットワークやメールでスケッチを共有するのは簡単です。

イラストレーションや素早いスケッチには最適ですが、アプリ内購入で、アップグレードすると面圧、レイヤー、紙の種類、より多くのブラシ、ブラシサイズを変更する能力を備えたプロの描画アプリに変貌します。このアプリではプロ機能を1時間試すことができるので、アップグレードの価値があるかどうかを判断できます。スケッチや作品をアプリ内の別のノートに整理することができます。これにより、整理して把握しやすくなります。バックアップ機能があり、作成したデータをうしなう心配がありません。