ビットコインマイニングに核兵器施設を利用し、ロシアの科学者が逮捕!?

0
431


ロシアのインターファックス通信社は、ロシア最高核実験施設で、科学者が、スーパーコンピューターを使い、ビットコインマイニングによる暗号侵害をおこなったとして逮捕されたと報じた。



核兵器施設を、ビットコインマイニングに使用?

容疑者は、核兵器の開発に携わるロシア連邦原子力センター施設(全ロシア実験物理研究所)でエンジニアとして働いていた科学者でした。

センターはサロフにあり、サロフは依然として安全性を高く保つ制限区域です。また、そこはソ連の最初の核爆弾の発祥の地でもあります。

2011年、ロシア連邦原子力センターは、1ペタフロップの容量を兼ね備えた、新しいスーパーコンピュータに切り替え、当時、世界で最も強力なコンピューター施設の一つとして有名でした。

ロシアの報道によると、エンジニアたちは連邦原子力センターに所在するロシアの最も強力なスーパーコンピュータの1つを、ビットコインマイニング(新規ビットコインを発行する処理)に使用しようとしていたといいます。

核実験室のスーパーコンピューターをつかい、インターネットに接続しようとした際に、容疑者は摘発されたといいます。通常は、核実験室のスーパーコンピューターは、セキュリティを確保するためにオフラインになっていたと考えられ、インターネット接続をしようとしたタイミングで、原子力センターのセキュリティ部門に警告され、発覚したようです。

捕まった科学者は、連邦安全保障局(FSB)に引き渡されました。
研究所の報道機関のタチアナ・ザレスカヤ(Tatyana Zalesskaya)教授は、インターファックス通信に次のようにコメントしています。

私的な目的のためにコンピュータ施設を使用することは容認されていない。
マイニングを行おうとした科学者は、権限のある当局に拘留されている。私が知る限り、刑事事件になるだろう。

拘留された科学者の正確な人数は明らかにされていない。
また、連邦安全保障局(FSB)は、逮捕と刑事告訴に関する声明をまだ発表していない。

Cryptocurrencyは過去1年間で非常に人気を博しました。 ビットコインマイニングには、膨大な計算能力と膨大なエネルギーを必要とするため、処理能力が高いコンピューターでの処理が求めらえれます。

http://www.interfax.ru/russia/599218