ポケットサイズから6万円のモンスターまで、お気に入りのドローンをご紹介

0
450

NewImage

過去数年間で、色々なドローンが登場し、市場は今では飽和状態なりつつあります。多くのドローンのなからどのドローンがおすすめか? パフォーマンスや特徴からオススメリストをまとめてみました!



DJI Mavic Air

NewImage

DJI Mavic Airはドローンで必要なすべての機能を兼ね備えていますが、バックパックや財布に収まるほどコンパクトなドローンです。1番のオススメは、間違いなくDJI Mavic Airかもしれません。

費用:9万円(799ドル)

DJI Mavic Airを選んだ理由

Mavic Proをすごく魅力的なものにしているのは、最もコンパクトでポータブルなドローンであるにもかかわらず、最も機能的でフル装備を実現している点です。 4Kカメラ、3軸ジンバル、前方/後方/下方障害物回避、オートパイロットモードを兼ね備え、6km以上の範囲を飛行できる上に、手のひらサイズです。

移植性は高く、非常によくできたヒンジシステムのおかげで、Mavicのアームは平均的なレンガの寸法よりちょっとだけ小さなパッケージに折りたたむことができます、バックパックやメッセンジャーバッグに詰め込んで、持ち運びすることができます。カメラマンは、常に持ち運べる最高のカメラをもとめているとおもますが、ドローンでも同じことが言えます。ポータブルであれば、必要なときに持ち歩くことを可能にします。

ポータブルドローンとしては、Mavic Airと同等ではありませんが、Mavic Proは依然として有力候補です。わずかに優れたカメラスペックを誇り、空中でもう少し長く滞在でき、さらに200ドルの追加費用だけで購入ができます。

Yuneec Breeze

NewImage

Yuneec Breezeを操作するのは、簡単で、比較的安く、耐久性があり、パイロットとして腕を磨くドローンとしては最適です。

費用:3万円(230ドル)

初めのてパイロットはローエンドドローンで始めるべきだと言う人もいますが、専門家の意見では、それはナンセンスです。ローエンドドローンは、逆に飛行が難しく信頼性が低いので、クラッシュして破壊する可能性がはるかに高いです。信頼性が高く応答性の高いコントロール、そこそこの保証、修理やアップグレードが容易なデザインのドローンを使い始めた方がよりスマートなアイデアだと考えています。

これを念頭に置くと、Yuneec Breezeは、初めてのローンパイロットには素晴らしい選択です。比較的価格も安く、アンダーキャリッジにはかなりまともな4Kカメラが搭載されています。また、トランスポートを可能にする超ポータブルなフォームファクタを備えています。

そして、スマートフォンで、Yuneec Breezeを操縦することができます。より緊密で反応の良いコントロールが必要な場合は、Yuneecの専用コントローラシステムを購入することができます。このドローンから始めれば、クワドコプターの基礎的な操作を学ぶことができます。さらに重要なことは、スキルの進歩とニーズの変化に合わせて仕様をアップグレードできることです。



Hubsan Desire FPV

NewImage

Hubsan Desire FPVは、200ドル以下であるにもかかわらず、必要とするすべての不可欠な機能が搭載されています。

費用:2万円(170ドル)

200ドル以下のカテゴリーのほとんどのドローンの問題は、安定性とポジションホールド機能を持たないことで、非常に不安定で、飛ばすのが難しいことです。しかし、HubsanのDesire FPVは例外です。この小さなジッパーにはGPSが搭載されています。高度保留と飛行機をはるかに簡単にしてくれる自動安定化ソフトウェアがあります。

追加のオプションとして、DesireにはオンボードのMicro SDカードにビデオを録画できます。またはライブビデオをコントローラの画面に戻すことができる広角720pカメラも装備されています。オートパイロットがコントローラーの位置を訓練している間にコントロールをまかせることができる「フォローミー」モードもあります。これは、通常、ハイエンドのドローンでしかないものです。予算上、安いドローンをお探しならこれがおすすめです。



DJIインスパイア2

NewImage

DJIインスパイア2は、プロのカメラマン用ドローンです。

費用: 35万円(3,000ドル)

DJIのインスパイアは、映画セットから、コンサート撮影に至るまであらゆるプロの映像、カメラ撮影に使われるドローンです。 Inspire 2には、最大7kmのコントロール可能範囲、100km/h以上の速度、前方障害物回避、そしてドローンで求められる安定性と自動操縦機能があり、間違いなくひながたドローンです。

DJIの最新のZenmuseカムであるX5Sは、航空写真撮影と映画撮影専用のミラーレスマイクロフォーサーズカメラです。それは毎秒30フレーム(または60Kで4K)で5.2Kで撮影し、20.4メガピクセルのスチル撮影、100〜25,600という驚くほど広いISO範囲を誇っています。追加のオプションには、振動を減衰させた3軸ジンバルの内部のリグがあり、どのように雑に飛んでも、映像は滑らかになります。

DJIのコントロールシステムも素晴らしいです。改良されたDJI Goアプリは、すべてのカメラの高度なコントロールを指先に集約しています。わずか数回タップするだけで、シャッタースピード、絞り、ISOを調整でき、被写体を軽くたたくだけでピントを合わせることができます。この設定では、プロフェッショナルな映像を得るために、事前の映画体験やパイロットスキルは必要ありません。

Lumenier QAV250 Mini FPV

NewImage

レース用に優れたドーロンです。

費用:5万円(434ドル)

LumenierのQAV250は、いくつかの理由で最高のレーシングドローンです。最も重要なポイントは、モジュールでカスタマイズ可能であることです。Lumenierからモジュールを追加し、あらかじめ組み立てられたものを購入することができます。無人機をアップグレードしたい場合は、より簡単に交換することができます。

この柔軟性は非常に重要です。ドローンレースの優勝者を見ると、ほとんどのプロが自分でカスタムしたドローンを飛ばしており、パフォーマンスを向上させるために調整をかさねています
。ドローンレースで力を発揮する技術は、日々進化しており、それをモジュールという形で、カスタマイズできるkとが、QAV250の最大の特徴です。

Parrot Mambo(パロットマンボ)

NewImage

大人も子供も楽しめる、価格もお手頃なドローンです。

費用:1万5千円(120ドル)

いろいろな安価なミニドローンがありますが、多くは操縦が難しいものになりますが、このParrot Mambo(パロットマンボ)は子供向けで、しかも操縦が比較的簡単になります。

Parrot Mambo(パロットマンボ)は、他のミニドローンとは異なり、子供のために特別に設計されています。ボートロードのモーションセンサーと高度な自動操縦ソフトウェアに加えて、無人機を安定に保つMamboには、クワドコプターよりも楽しく魅力的ないくつかの付属品が付属しています。箱の中には、大砲のアタッチメント、50発泡砲のボール、小さな物体をクランプして運ぶことができるグラバーアームがあります。

また、 Parrotには、スマートフォンや専用のデュアルジョイスティックコントローラを使用したパイロットオプションもあります。 Flypadは別途$ 40ドルで販売されています。

DJIスパーク

NewImage

コントローラーなしで飛ぶことができる人気のポータブルドローン

費用:6万円(500ドル)

DJIがドローン業界で、優れていることが1つあるとすればば、小型のドローンに数多くの機能と機能を詰め込んでおり、その先駆けとなったのが、このSparkです。ドローンの船体はおおむねTwinkieの大きさであるにもかかわらず、DJIはSparkは、大型のドローンに搭載されている機能の多くを搭載しています。

小型でハイパーポータブルなデザイン以外に、Sparkの最大の特徴はインテリジェントな飛行モードです。 DJIの標準的なものに加えて、SparkはRocket、Dronie、Circle、Helixなどの新しいモードを数多く備えています。無人機には、スマートフォンやコントローラーなしで操作できるジェスチャー認識機能も搭載されています。

もう一つの大きなポイントは、障害物回避システムです。オブジェクトを感知し回避する能力は、通常、より大きなドローンのためにある機能ですが、DJIは、Sparkにも組み込みました。ファントム4やMavic Proほど頑丈ではありませんが、目的は果たしており、クラッシュを避けることができます。

カメラは、30フレーム/秒で1080pでビデオを撮影する12メガピクセルのカメラに加えて、スパークは2軸ジンバルを搭載しています。これにより、カメラを機械的に安定させ、震えや揺れを取り除くことができ、よりスムーズで美しい映像が得られます。