Google Playアップデート、Google Home関連のWi-Fiに関する問題を修正

0
454

数週間前、Googleの人気ChromecastとGoogle Homeデバイスが、バグのため、ワイヤレスルータの停止を引き起こす問題が判明しました。ルータメーカーは問題を解決しようとしましたが、適切な解決方法を得るためには、Googleの修正対応が必要でした。現在、その修正はすべてのユーザーに展開されています。



Wi-Fiに関する問題

今回のバグ問題では、GoogleホームとChromecastのデバイスがさまざまなルータで一時的な停止を引き起こす事でした。この原因は、デバイスがデータをどのように送信したかということでした。GoogleホームとChromecastのデバイスがスリープモードを抜ける時、大量のデータを非常に短時間で送信し、ルータに過負荷をかけ、一時的に電源をオフにします。

問題が明らかにされた直後、Googleはベータ版でしたので、誰もがすぐにそれを発見することはできませんでした。

最新版のGoogle Playサービス(バージョン11.9.75)は、安定したアップデートで提供されています。