Apple、iOS向けのサポートアプリをアップデート、Transporterに新しい機能を追加

0
1557

Appleは本日、開発者とユーザーのための小さな発表をしました。同社はiOS上のApple Supportアプリに小さなアップデートをリリースしました。さらにAppleは、コマンドライン配信ツールであるTransporterに新しい機能を追加しています。



Apple Supportアプリ

Apple Supportアプリはバージョン2.1にアップデートされ、「パフォーマンスの向上とバグ修正」対応が行われています。これは大きな変更ではありませんが、iPhoneバッテリー修理プログラムのためにアップルサポートにアクセスするユーザーが増えているため、パフォーマンスの完全は非常に重要な箇所となります。

一方、開発者ブログの記事では、AppleはTransporterを使ってiTunes Connectにアプリプレビューをアップロードできるようになったと発表した。

Transporterはコンテンツ管理システムと統合され、複数のローカリゼーションの追加や管理に特​​に役立つ、XMLを使用してアプリのメタデータを一括して配信します。

Transporterが正確に何をしているのか、Appleの説明は次のとおりです。

TransporterはAppleのJavaベースのコマンドラインツールで、メタデータとアセットを検証してiTunesに直接配信することができます。パートナーは、この配送方法を使用するためにTransporter資格認定プロセスの承認を受けなければなりません。

配送方法AsperaとSigniantは、迅速で信頼性の高いエクスポートを提供するために組み込まれています。

Appleの新しいTransporter機能について詳しくは、iTunes Connectを参照してください。