日本未発売!Amazon Echo Spot のレビュー

0
987

昨年12月に、日本でAmazon Echo が販売開始となり、今は招待制で購入ができますが、米国では、さらに進んだディスプレイを搭載したAmazon Echo Spot、Amazon Echo Showが販売開始となっています!Amazon Echo Showは、スマートなスピーカーとスクリーンのコンセプトで、「ちらっと見える」技術と呼ばれています。

Amazon Echo Showでは、 Alexa AIのアシスタント機能の中核に、ビジュアル要素も追加され、素晴らしいガジェットに生まれ変わっています。
今回、Amazon Echo Showの特徴や機能をレビューしました!



Amazon Echo Spot – デザインと機能

Amazon Echo Spotは、Amazon Echoに比べるとはるかに小さい形状です。ベッドサイドや机の上に設置しても、マグカップ以上のスペースを占領しません。形状は、Amazon Echoシリーズで採用している、丸みを帯びたかわいいデザインとなっています。

黒または白のカラーが選択可能です。黒は21世紀マジック8ボールのようですが、白はWall-Eからのイヴを思い出させます。ただし、白は置き場所によっては汚れが目立ちやすい仕様かもしれません。

正面には、480×480ピクセルの解像度を持つ2.5インチLCDディスプレイが搭載されています。これはけして大きなディスプレイではありませんが、逆にecho showの7インチディスプレイは不必要な大きななのかもしれませ。これらのディスプレィは、テレビのような使い方を想定はしていません。

デバイスの上部に4つのマイクと3つのボタンがあります。2つはボリューム用、もう1つはプライバシー用です。 Bluetooth出力がありますが、背面に3.5mmの出力があり、スピーカーやHiFiシステムに接続できます。他のソケットはメインアダプタ用です。 Amazon Echo Dotとは異なり、SpotはUSB電源で動作することはできません。

アマゾンは、エコースポットを目覚まし時計として使われる事を望んでいないが、デバイスの形状、サイズ、ラウンドアナログ時計の選択を見る限り適した用途になりそうです。デジタル時計面を変更することができ、好み背景をアップロードしたりすることもできます。

Echo Showのように、アマゾンEcho Spotのホームページは、予定表、タイマー、トレンドニュースなどをフリックできるようにカスタマイズすることができます。アンビエントライトセンサーは自動的にディスプレイを明るくしたり、暗くできますが、暗くして寝る場合は、Alexaは画面を完全に消すことができます。

ビデオ通話機能があり、デバイスの上部には、他のエコーデバイスとの対面チャットや、Alexaがインストールされたスマートフォンとチャットすることができます。プライバシーについて懸念している人は、Amazon Echo Spotをベッドルームから離れた場所で使用することをお勧めします。

標準のビデオ通話のほかに、ドロップイン機能があります。手動でピックアップすることなく、別の連絡先と接続することができます。例えば、家のインターホンシステムとして使うことができます。

盗聴などへのプライバシー保護のための保護手段があります。まず、ドロップインは両方の当事者が設定内の機能に同意したときにのみ機能します。ビデオドロップインの最初の10秒はぼやけています。誰かが不適切な瞬間にドロップインしようとした時に映像を映さないようにするためです。また、ビデオを無効にし、オーディオのみを選択することも、完全に通信を無効にすることもできます。

画面関連の機能以外では、Amazon Echo SpotはAlexaを実行する点で他のEchoデバイスとよく似ています。タイマーの設定から、Spotifyの音楽の取り出し、ライトの切り替えまで、あらゆることを行うことができます。

Amazon Echo Spot – パフォーマンス

音質はきれいでバランスがとれています。自然な響きの音には十分な重低音があります。ラジオのトークショーのファンなら納得の音質かもしれません。この小さなデバイスが生み出す音には限界があります。この点では、スポットはエコーショーと比べると少し劣っているかもしれません。

エコースポットはHiFiシステムに対応しており、最も簡単なアップグレードはワイヤレスでBluetoothスピーカーに接続することです。



Amazon Echo Spotのまとめ

ディスプレイがあると、Alexaのエクスペリエンスが向上します。今は、Amazon Echo ShowとAmazon Echo Spotの2つのオプションしかありません。

これらの2つのデバイスのうち、私の場合は、Spotを選択します。小さく、かわいく、手頃な価格だからです。 3.5mmオーディオ出力は、既存のサウンドシステムに接続したい人にとって理想的です。

キッチンカウンターに7インチのスクリーンが必要な場合や、最高のエコーデバイスを使用できるようにしたい場合は、エコーショーがおススメです。