Digitimesは、今年は、新しいOLED iPhone、6.5インチ「iPhone X Plus」を販売と予測

0
287

KGIのMing-Chi Kuo氏は2018年のiPhoneのラインナップを2つのOLEDモデル(5.8インチと6.5インチ)と1つのLCDモデル(6.1インチ)になると予測している。今日、また、Digitimesのアナリストは、Appleは、さまざまなスクリーンパネルをテストしているが、今年は、6.5インチのスクリーンを搭載した新しいOLED iPhone1つだけ発売するかもしれないと述べている。

このレポートでは、また、3Dタッチは非対応で、ワイヤレス充電機能を備えた新しいiPhone SEの後継機種が出るかもしれないと予測しています。



2018年のiPhone予測

KGIは、将来のアップルのハードウェア計画を予測する上で、優れた分析をする会社で、KGIはDigitimesより信頼性の高い実績を持っていいますので、KGIの方が角度の高い情報でないかと思われます。

レポートでは、Digitimesも、Appleが「まだ最終決定を下していない」ということを念押ししています。

Appleが5.8インチのOLEDフォームファクタを1世代で放棄するかは微妙なところで、Digitimesの主張を信頼することは難しい。この報告書は実際、Appleが2018年に4つの異なるiPhoneデザインをテストしてきたと言いいます。5.8インチLCDモデル、6.1インチLCDモデル、6.1インチOLED、および6.4インチOLEDを試験していると言います。

Digitimesの報道によると、Appleはもともと、2つの新しいOLEDモデルと6.1インチのLCD電話を推進しようとしていたと、KGIは主張している。

2018年のラインナップは、5.8インチのLCD電話機、6.1インチのLCD電話機、6.5インチのOLED電話機となるとの報告書がある。 Appleが2017年にしたことを反映し、理にかなっていると主張している。

業界が引き続きOLEDパネルの供給不足に直面していることは事実でAppleは、今年、OLEDを搭載した2つのフラッグシップiPhoneを発売するのに十分なディスプレイを供給することができないかもしれない。6.5インチサイズを検討していることは、より大きな画面をユーザーは好む傾向があるため、この決定は、ユーザーの需要に応えるものとしては論理的です。

まとめ

iPhone SE 2に関して、「iPhone SEに似た新しい安価なスマートフォン」が、ワイヤレスチャージと3D Touch圧力感度のないものになり、レポートによると、この新しいSEモデルは5月または6月に発売されると予測しています。