DJI Mavic Airは、4Kビデオ撮影、折り畳みやすい最新ドローン!

0
489


ドローン社のDJIは、Mavic Airと呼ばれる新しい折りたたみ式携帯ドローンを発表しました。エントリーレベルのDJI Sparkとプロ用Mavic Proシリーズのラインナップ中間にいちするMavic Airは、1月28日に799ドル(9万円くらい)で出荷を開始する。

Mavic Airは、1 / 2.3 "CMOSセンサーと、12メガピクセルの静止画を撮影できるf / 2.8の開口レンズを搭載しています。DJI Sparkのビデオ能力は限られていますが、DJI Mavic Airは毎秒30フレームで4Kのビデオをキャプチャすることができ、最高品質の映像を録画したい人にとってはより実用的な選択肢になります。



DJI Mavic Airのサイズと仕様

Mavic Airはわずか430グラムで、Mavic Pro(734グラム)よりも大幅に軽量です。また、microSDカードスロットと8GBのオンボードストレージを搭載し、ユーザーがメモリカードを持たない場合でも写真やビデオを直接ドローンに保存することができます。 (ただし、4Kの映像は8GBで十分でない場合があります。)

DJI Mavic Airでエアハイキング

DJI Mavic Airには、Sphereモードのような新しい写真機能もあります。Sphereモードは、自動的に25枚の写真を撮影して繋ぎ合わせることで、32メガピクセルのパノラマ画像を作成します。また、ユーザーは、スマートキャプチャ機能により手のジェスチャーでドローンをコントロールすることができます。これにより、Mavic Airに写真を撮り、被写体を追跡したり、手の動きで他の場所に着陸させることができます。ドローンには、複数の対象を同時に検出できる、DJIのActiveTrack機能の改良版も含まれています。



販売価格とパッケージ内容

Mavic Air 799ドルにはドローン、バッテリー、リモコン、キャリングケース、2組のプロペラガード、4組のプロペラが含まれています。 999ドルのパッケージには、3つのバッテリー、旅行バッグ、6つのプロペラ、バッテリーと電源バンクのアダプター、およびバッテリー充電ハブが含まれています。