アップル、新しいロボット、購読機能などを備えたSwift Playgrounds 2.0をリリース

0
387

Appleは、iOS 11.3ベータ1のリリースだけではなく、Swift Playgrounds 2.0リリース。サードパーティのクリエイターに、新しいロボット機能、新しいコンテンツギャラリー、新しいサブスクリプション機能を提供するようになりました。昨年秋から開発者のリクエストによりベータ版がリリースされています。



Swift Playgrounds 2.0

Appleは、開発者サイトとApp Storeで更新されたSwift Playgrounds 2.0アプリの発表を共有した。バージョン2.0の主要機能は、サードパーティのクリエイターに新しい購読機能を提供します。

Swift Playgrounds サードパーティクリエイターに登録し、コンテンツを閲覧、ダウンロードすることができます。

その他のアップデートには、新しいロボット、コンテンツギャラリー、更新されたヘルプリソースなどが含まれます。リリースノートは次のとおりです。

  • 購読は自動的に新しいSwift Playgroundを表示し、更新を知らせます
  • IBMのTJBotやMekamonなどの新しいロボットは、[Add Subscriptions]ボタンから利用できます
  • 新しいコンテンツギャラリーは、サードパーティの購読を含むすべてのプレイグラウンドを単一のビューで表示します
  • iOSの機能とコマンドのドキュメントは、[ヘルプ]ボタンとツールメニューから利用できるようになりました
  • [場所]ボタンを使用すると、iPadNoteのファイルアプリからSwift Playgroundを開くことができます
  • 以前にアプリに含まれていたサードパーティのロボットSwift Playgroundは、購読を閲覧するときにそれぞれのクリエーターから直接利用できるようになりました

Swift PlaygroundsはApp Storeから無料でダウンロードできます。