XYZPrintingはXYZはCES 2018で子供向け手頃な3Dプリンターを発表!?

0
18

NewImage

多くのCES 2018の発表が表れはじめ、3D印刷製品で有名なXYZPrintingの展示では、手頃な価格の3Dプリンタが注目を集めそうです。

XYZPrintingは、2018年に革新をおこすような商品の発表はなさそうですが、より多くのユーザーを3Dプリンタの世界に導いてくれる製品のラインナップを充実させようとしています。具体的には、既存の製品、3つの更新版を提供し、最低価格の商品は$45(5000円)以下で提供するようです。

3Dプリンタは、主にXYZのような会社の影響により、ここ数年で劇的に価格が下がりました。以前は、家庭用の3Dプリンタに600ドル以上払う必要がある時期がありましたが、それはもはやそうではありません。

去年の展示会でデビューした230ドルのXYZナノプリンタが最終的に市場にリリースされるようですが、今回の展示会ではさらに安い3Dプリンタを見ることができそうです。

2016年に発売された、次世代モデルのダ・ヴィンチ3Dペンも、XYZはMSRPにあまり触れることなく、かなりの改善を行ってリリースされるようです。

接触面ははるかに低温で、経験の少ないユーザーにとっては安全なものになっています。デュアルLEDインジケーターと、ペンのロード/アンロードのための基本的なコントロールボタンが表示されます。簡単なmicroUSBケーブルを使用してデバイスに電力を供給します。

新しい3D Pen Coolは、44.99ドルの希望小売価格で、求めている人にとっては最良の商品になりそうです。

NewImage

冒頭に話をしました、4.7インチのNano 3Dプリンターですが、前回のデバイスからソフトウェアが改善されており、2018年に実際に市場に出てくることが期待されます。それは229ドルで登場するようです。

最後に、XYZはda VinciカラーAiOと呼ばれる新しいビジネス向けの新しいプリンターを導入しています。コンボ3D /インクジェットプリンタは、スキャン・ツー・プリント機能を備え、4,000ドルで発売予定です。

3Dペイントペンですが、XYZPrinting以外にも、いくつかの商品がお手頃な価格で販売されていて、
子供向けの知育として人気です。幾つか商品をご紹介します。

Inlight 3Dプリントペン スピード調整機能 温度調整機能 立体の絵を描く ABS PLAフィラメント付属 3Dペン

NewImage

Canbor 3Dペン 3Dプリントペン 印刷ペン ABS PLA フィラメント付属

NewImage