ベースモデルのiMac Proティアダウン!アップグレードの可能性は?

0
224

NewImage

iMac Proのティアダウンがついに開始しました!最初にチャレンジしたチームはMacコンポーネントアップグレードプロバイダOWCです。イリノイ州のウッドストックに本拠を置くWoodstock社は、iMac Proが、標準的な5K iMacモデルとは違った内部構成とレイアウトを備えているため、iMac Proの発売にむけティアダウンに熱心に取り組んでいます。

OWCはMacコンピュータ用のメモリとストレージのアップグレードを提供しており、iMac Proシャーシ内で最初にこの作業を進めていくことで、アップグレード可能な範囲を限定しようとしています。
興味深いのは、ベースモデルのiMac Proが4GBの8GB構成で32GBのRAMを搭載している点です。 iMac Proには4つのDIMMソケットがあり、4x 8GB構成では4チャネルメモリ機能を利用できます。これは、すべてのiMac Proメモリ構成で同じように見えます.64GBには4 x 16GB構成が、128GBには4 x 32GB構成が搭載されています。

もう1つの興味深い点は、基本モデルiMac Proの1TB SSDがRAID構成で2つの512GB SSDで構成されていることです。各SSDには、スクリューハウジングの上に耐タンパーシールが施されています。良いニュースは、両方のドライブが簡単なネジを使って簡単に取り外せるように見えることです。

NewImage
4 x 4メモリ構成は、購入後にメモリアップグレードを実行したい人にとっては興味深い点です。基本モデルのiMac Proに2つの16GB DIMMモジュールを追加して32GBから64GBにアップグレードすることはできません。

アップルは、最終的には認定サービスプロバイダを介してRAMのアップグレードを許可しており、OWCは、iMac Proのスタッフによるメモリアップグレードを実行できるプログラムを開始する予定であると述べています。

さらに、OWCは、メモリアップグレードで、初心者向けのDIYアップグレードキットも計画しています。アップルの標準リムーバブルDIMMメモリモジュールを標準ソケットに差し込んでおけば、メモリのアップグレードが可能であるようです。

OWCのティアダウンはiFixitの今後のティアダウンのような広範囲なものではないかもしれませんが、ビデオでマシンの内部コンポーネントの確認をする限り、オールインワンのアップグレードの可能性については大いに期待できます。