Energous、CESのデモより先の最初の距離充電システムのFCC承認を取得

0
195

NewImage

接触ベースのワイヤレス充電は便利ですが、真に目指すゴールは長距離充電です。すべての製品が部屋のどこにいても自動的に充電されような仕組みが最も理想的です。。今はまだそこに到達できていませんが、Energousはこの技術に取り組んでおり、重要な一歩を踏み出しだしました。

Energous社は、遠隔地の充電で初めての連邦通信委員会を許可を得ています。

承認は、約3フィートの距離で動作するWattUp Mid Fieldトランスミッタの承認です。これは、会社の長期ビジョンにはまだまだ足りないものですが、Engadgetは、少なくとも優れたデスクベースのシステムを構築するだろうと報告している。

WattUpは複数のデバイスを同時に充電することができ、適切な受信機を装備している限り、電話機、タブレット、キーボード、イヤホンなど、さまざまなデバイスで動作することが可能です。さらに、WattUpエコシステムはWi-Fiのようなメーカーに依存しないエコシステムです。つまり、送信機がSonyまたはApple製であってもSamsungの携帯電話を充電することができます。

当初は、充電したい機器にレシーバを差し込むことを検討していましたが、アップル社のようなメーカーが、将来モデルの無線チップにこれらを組み込むことが望まれていました。 AppleがEnergousと提携してiPhone Xの技術を立ち上げることを希望されていましたが、これらの希望は後の破棄されてしまいます。

Energousはまだ商用製品は発表していませんが、来月CESでシステムを披露するつもりですので、近いうちにその計画についてもっと詳しいことがわかるかもしれません。