Amazon、Spotifyのサポート付きマルチルームオーディオ機能を拡張

0
258

アマゾンは、Spotifyをサポートし、エコーデバイスでマルチルーム音楽再生を拡大すると発表しました。この機能はもともと8月に発表されましたが、音楽ストリーミングサービスのサポートは限られていました。

発売時に、Amazon Echoのマルチルームオーディオ機能は、Amazon Music、TuneIn、iHeartRadio、Pandoraでのみ動作しました。同社は当時、SpotifyとSiriusXMのサポートが「まもなく」と発言していました。

Amazon Echoでのマルチルームオーディオのサポートは、Sonosのような機能と同様に機能します。 iOSのAlexaアプリを使用してスピーカーのグループを作成し、音声コマンドを使用してAlexaに音楽を再生する場所を伝えることができます。たとえば、「下の音楽を再生する」または「どこでも音楽を再生する」と言えば、家全体で曲を再生する事ができます。

一方、The Wall Street Journalは、Spotifyがニューヨーク証券取引所に上場するため、証券取引委員会からの承認をまもなく得るだろうと報じました。Spotifyは、伝統的な株式公開またはIPOを回避するための直接的なリスティングを求めています。

リスティングでは、企業は一般的なIPOのように資金を調達せずに株式を取引所に移転できます。

このダイレクトリスティングは、企業が従来のIPOに関連した多額の引受手数料を節約することを可能にし、インサイダーが株式を売却できる時期に制限は無くなります。