マイクロソフト、iOS用のEdgeブラウザを米国でリリース!、iPhone XやiPadの最適化は非対応?

Microsoftは本日、正式にiOS上でEdgeブラウザを米国で公開した。同社は先月、ベータ版でこのアプリを利用可能にしたが、やっとiPhoneにMicrosoftブラウザをインストールすることを夢見ているすべての人が利用できるようになりました。

機能として、Microsoftエッジは、iOSにWindowsユーザーのためのより良い統合をもたらします。たとえば、ユーザーがPCとiPhoneを簡単に切り替えることができる「PC上で続ける」機能があります。これは、iOSとmacOSの間のハンドオフに似ています。

Edgeはブラウザなので、お気に入り、履歴、プライベートモード、読書リストなどの機能を利用できます。パスワードとログイン情報もPCとiPhoneで同期しますが、内蔵のQRコードリーダーもあります。音声検索を使用すると、ユーザーは質問をして、Microsoft Edgeに従来の検索よりも「自然で親しみのある方法」で検索させることができます。

1つの大きな欠点は、iPadのサポートです。iPadユーザーの場合は、2つのブラウザ間で情報をやりとりする必要があります。さらに、このアプリはまだiPhone Xのサイズに対応していません。

ハブのような親しみやすいMicrosoft Edgeの機能により、移動中のコンテンツを簡単に見つけて、表示し、管理することができます。 Microsoft Edgeは、Windows 10ユーザーがどこにいても、フローを混乱させることなく、必要な方法でWebを参照できるように設計されています。

Microsoft Edgeはまだ日本のApp Storeでは、リリースされていなようです。もう少し待つ必要があるかもしれません。