新しいレンダリングは、iPhone Xのスタイルスクリーンとノッチ付きのiPhone SE 2を想像

今年の新型フラッグシップ iPhone Xの発売後全画面iPhone SEを1人のデザイナーが、コンセプトイメージで再現しました。Appleの最もコンパクトなiPhoneビジョンを作成しています。

全体的なコンセプトは同じです。 SEのクラシックなデザインを採用し、iPhone Xノッチを備えたベゼルのないディスプレイを追加しています。

iPhone Xは良い評価を受けているが、昔ながらの正方形のデザイン、ポケットサイズを好む人もいます。

この概念は本質的にiPhone X仕様を4インチの携帯電話に当て込んでを想像していますが、後部デュアルカメラの存在が失われています。

AppleはSEにファンがいることを認識しているようだ。同社は今年初めにストレージ容量を増やし、来年初めに更新モデルをリリースする可能性があるとの噂があります。

Appleにとっての課題の1つは、SEが現在2つの非常に異なる市場にサービスを提供していることです。単にデザインとサイズを好み、iPhone Xスタイルの仕様を得るためにはかなり高い価格を支払う意欲がある人がいるものの、iPhone SEの所有者の大半は低価格で購入したい人たちです。SEの改革を試みることは安価ではなく、より予算重視の購入者を失う危険性があります。

イメージ動画はこちら