iMac ProにA10 Fusionコプロセッサを搭載し、常時オンの ‘Hey Siri’に?

ホームポッドは遅れるかもしれませんが、今年の終わりには、楽しみにしているiMac Proの発売があります。今晩は、iMac Proに関するいくつかの話題が、開発者Johnathan LevinとSteve Troughton-Smithの分析のおかげで浮上しました。

AppleのBridgeOS 2.0ソフトウェアパッケージで入手可能な情報によると、iMac ProはA10 Fusionチップの形でARMコプロセッサを搭載しているようだ。これは、Appleが設計したAシリーズのチップをMacが初めて使用したことを意味します。

Troughton-Smith氏は、A10のFusionチップは開発者やユーザーの不満を冒すことなく、「AppleがMacOSの厳密な制御を実験しようとしていると」とTwitterに語った。

さらに、彼は、iMac ProのA10 Fusionチップは、MacOS版のSiriにはない機能である「Hey、Siri」の常時接続に使用できると説明しています。実際に、Troughton-Smith氏によると、iMac Proが完全にシャットダウンされていてもチップが動作するようだという。

ブルームバーグは、AppleがMacBook Pro用の新しいARMベースのチップを開発していると報告した。このチップは、現在インテルのプロセッサーに依存している低電力タスクの処理を担当していると言います。

現在、アップル社はタッチIDとタッチバーを搭載した最新のMacBook ProモデルにT1というカスタムARMチップを出荷しています。

A10フュージョンチップがiMac Proでどのように機能するかは不明だが、AppleがAシリーズのチップをMacでテストしていることは間違いない。 iMac Proで想定されているA10 Fusionチップと、Appleが使用していた他のコプロセッサテクノロジとの違いは、まだ分かりません。