iPad Proは、アップデートしたApple Pencil、Face IDデビューで来年登場!?

ブルームバーグは来年、期待される新しいiPad Proについて新しい詳細を発表している。 KGIはすでにFace IDが2018年にiPad Proのラインナップに登場すると予測しており、今日のレポートでは再設計の可能性を含むいくつかの詳細が追加されている。

ブルームバーグによると、アップル社は新しいアイパッドを開発しています。実際にはFace IDが含まれているとの事です。Appleの新しい顔認識機能はiPhone Xで初めてデビューしました。その変更によってホームボタンが削除されます。 iPadsは、iOS 11が提供するナビゲーション・ジェスチャーにすでにほとんど依存しており、顔認識はバイオメトリックセキュリティで、指紋認識に取って代わることが期待できます。

このレポートはまた、来年、iPadがOLEDディスプレイに切り替えることはないと述べている。 iPhone Xには5.8インチのOLEDディスプレイが搭載されていますが、10.5インチと12.9インチのiPad Proスクリーンは大きく、iPhoneにはないProMotionやApple Pencilのサポートが含まれています。 OLEDは、主に供給に起因する高価な部品であるため、コストが大きな要因となっています。

ブルームバーグは、Apple Pencilが、デジタルスタイラスの新バージョンですでに検討に入っていると述べています。アップデートされたハードウェアには額と顎のサイズが小さく、iPhone Xに似たアップル設計のGPUが追加されているという。

AppleはPencilハードウェアをこれまでのバージョンでアップグレードしていないが、iOS 11ではロック画面をタップして注釈を起動したり、注釈や手書きの認識機能を追加したりするなど、数多くの新機能が追加された。最新のiPad Proでは、Apple Pencilを使用した場合のリフレッシュレートを向上させ、待ち時間を短縮しています。

Appleが画面サイズを変更せずに新しいiPadsのベゼルを縮小すると、現在のモデルと比較して全体的なフォームファクタ(および重量)が減少する可能性があります。これは、2015年の第1世代モデルと同じデザインの大型iPad Proにとって特に有益です。

タイミングに関しては、更新されたハードウェアはすぐにデビューする予定はありません。 Appleは6月にWWDCで現在の10.5インチと12.9インチのiPad Proモデルをリリースしました。今日のレポートによると、新しいバージョンは来年後半までは準備ができない可能性が高いといいます。