開発者はプライベートAPIを使用し、スタンドアロンのAnimojiアプリを作成、録画時間を2倍に

開発者のSimon B.Støvringは、Appleの新しいAnimojiアプリを作成しました。プライベートAPIを利用することで、StøvringはスタンドアロンのiOSアプリケーションを作成し、最大20秒間のAnimojiビデオを録画することができます。

Animojiの限界は、メッセージアプリケーション内だけであり、短いクリップしか作れないところにあります。この課題は、iOS 11のスクリーンレコーディング機能やQuickTimeを使用してからビデオ編集アプリでポスト編集を使用するしかありません、

それがStøvringのアプリを特に魅力的なものにするものです。彼は専用のアプリケーションを作成し、より長いクリップを録画できるようにしました。 StøvringのカスタムiOSアプリは、Apple自身がAnimojiに対して行っているのと同じ機能にアクセスできるプライベートAPIを使用しています。ちょうど昨日、Steve Troughton-Smithは、カスタムアニモジ中心のアプリが可能であると主張し、Støvringはすぐにそれを証明しています。