アップル、色と色合いの変化、OLEDスクリーンの焼付きがiPhone Xで発生すると警告

11月3日、iPhone Xが販売され、Super Retinaディスプレイと呼ぶ新しい5.8インチのOLED画面が登場した。 iPhone Xはこのスクリーンテクノロジーを使用した最初のモデルですが、いくつかの免責事項が付属しています。

アップル社は、OLEDディスプレイの特徴としてオフアングルでiPhone Xを使用する際に、色や色相が変わることがあると記載しています。初期のレビューでもこのことが言及されました。 Appleはまた、iPhone Retrosinaディスプレイを搭載したiPhone Xが業界最高のOLEDディスプレイを搭載していると述べていますが、特定の状況下ではまだ、スクリーンの焼付きが発生する可能性があると述べています。

iPhone Xより前、AppleはMacBook Pro、Apple Watch と Touch BarでOLEDを使用していましたが、iPhone Xの5.8インチSuper Retinaディスプレイは異なる用途で使用しています。

Appleは、自動輝度、短い自動ロック期間、最新のソフトウェアアップデートを使用してOLEDディスプレイの寿命を延ばすことを推奨しています。また、記載の終わりに、iPhone XのSuper Retinaディスプレイを使用して、長時間にわたって完全な明るさで静止画像を表示しない事を推奨します。

Appleの説明は次のとおりです。

OLEDディスプレイのオフアングルを見ると、色や色合いに若干のずれが生じることがあります。これはOLEDの特性であり、通常の動作です。長時間の長期使用により、OLEDディスプレイはわずかな視覚的変化うが発生します。これは、予想される動作であり、新しい画像が画面に表示された後でも、画像のかすかな残像が表示される「画像永続性」または「バーンイン」を含みます。これは、同じ高コントラスト画像が長期間連続して表示されるような極端な場合に発生する可能性があります。 Super Retinaディスプレイは、OLEDのバーンイン効果を低減する業界最高のものになるように設計しました。