最初の週末のiPhone Xプリオーダーで、Apple社の株価は好調に推移?

0
115

iPhone Xのプリオーダーが急増した今日、Appleの株価は過去最高を記録した。この時点では予約注文番号は不明であるにもかかわらず、数名のアナリストはデバイスの早期性能を強く望んでおり、デバイスが低供給で純粋に悩まされているのではなく、需要が高くなると予測しています。

ロイター通信が指摘しているように、アップルの株式は今日の最高168.07ドルまで高値を更新した。また、最高記録を更新したあとは166.72ドルとなった。

GBH Insightsのアナリスト、Daniel Ives氏は、iPhoneのXオーダーの予測が株価を押し上げているとみています。アナリストは、2017年のiPhone Xの出荷台数が前年度の4000万台から5000万台に増加すると予測しており、KGIのMing-Chi Kuo氏などのアナリストよりも高い予測をしている。 Ives氏はiPhone Xの最初の週末販売を “恒例の成功”と呼んでいます。

「11月3日の金曜日、アップルの小売店舗でiPhone Xの正式な発売が予定されており、iPhone Xの供給が限られているため、世界的に非常に高い需要が予想されます。

一方、ノムラ・インスティネットのアナリスト、ジェフリー・クヴァル氏は、現在の5〜6週間の株価の動きはは、低供給ではなく高需要を示すものだと述べている。しかし、Drexel Hamiltonのアナリスト、Brian Whiteは、「AppleがiPhone Xからの強い需要の恩恵を受けているとは思うが、同社は供給制約に苦しんでいる」と述べている。