Adobeプレビュープロジェクト、SonicScapeは、VRでオーディオを編集するための没入型ツール

0
86

Senseiが提供する新しいCreative Cloudアプリケーション、Lightroom CC、および機械学習機能の発表に加え、Adobeは本日、Adobe MAX 2017で初めて公開したProject SonicScapeという全く新しいツールをプレビューしています。

プロジェクトSonicScapeは、360度のVR体験で、Adobeが最近拡張したサポートをベースにする実験的な機能です。 Adobe Premiereは、リアルタイムのVR再生サポートとVR対応のモーショングラフィックステンプレートを備えています。プロジェクトSonicScapeは、没入型のビジュアルエクスペリエンスを通じてVRで3Dオーディオを編集できるようにすることでさらに一歩進んでいます。

Project SonicScapeによってインポートされた空間オーディオは画面に表示され、異なる周波数が色付きの点で表されます。この新しいビジュアライザーは、オーディオ周波数自体ではなく、3D空間での位置を示すことで、従来の波形を超えて移動します。クリックしてドラッグすることで、オーディオを空間内で操作して、知覚される音の方向を変えることができます。

現在の状態では、Project SonicScapeは特定のCreative Cloudアプリケーションに組み込まれておらず、スタンドアロンのデモとして機能し、現代のVRの進歩によって可能になった機能を示しています。アドビは機能のリリースのタイムラインを提供していませんが、将来的には新しい開発について最新の情報を提供していきます。