Adobeは新しいクラウドベースのLightroom CCを導入し、改良されたフォトプランを発表

0
4

Adobeは、人気の高い写真編集ツールであるLightroom CCの主要なアップデートを発表しました。これは、まったく新しいインターフェイス、ワークフロー、そしてクラウドベースの編集に焦点を当てています。以前はProject Nimbusとして知られていた、新しい写真サービスは、ますます新しいモバイルワークフローに合わせた一連の新しいCreative Cloud計画と一致しています。

新しいLightroom CCは、リフレッシュされたインターフェースから始まります。アドビは、新しいツールがより合理化され、使いやすくなっていると言います。これらのツールは、強力なストラクチャーとキーワード検索を可能にする、機械学習技術Adobe Senseiによってますます強化されています。

AdobeはLightroom CCにクラウドストレージを採用しました。これで、デスクトップアプリ、iPhoneやiPadなどのモバイルデバイスやウェブ上でフル解像度の写真を編集して同期できるようになりました。自動同期とバックアップは、1TBのクラウドストレージが含まれて、RAW写真にも対応されます。 Lightroom CCでは共有機能も強化され、カスタムLightroomギャラリーを作成して他の人にリンクを送ることができます。

iOS上のLightroom CCは、デスクトップと同じようにSenseiの検索機能を提供し、iOS 11の新しいファイルアプリをサポート、iPad上でレイアウトを改善するなど、新機能を逃しません。

アドビは、多くのプロフェッショナルユーザーに依存している、この急進的な変更は衝撃的なものになる可能性があることを認識しており、以前のバージョン、Lightroomを更新し、Lightroom Classic CCと改名しました。従来のデスクトップスタイルのレイアウトと編集ワークフローに焦点を当てながら、パフォーマンスの向上と新しい編集機能が追加されています。

新しいフォトサービスを補完するものとして、AdobeはLightroom CCが提供する新機能に合わせ、Creative Cloudのフォトプランを変更しました。月額9.99ドルで、Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20GBのストレージ、Adobe Portfolio、Sparkを使う事ができます。月額19.99ドル(または既存顧客の初年度は月14.99ドル)で、ユーザーは1TBまでのストレージを使用できます。 Lightroom CCは、1TBのストレージで$ 9.99の月間のスタンドアロンアプリケーションとしても利用できます。 Lightroom Mobileのファンは、100GBの容量を提供する$ 4.99 /月のプランに加入することができます。