法廷はAppleにVirnetXの特許侵害で439.7Mドルの損害賠償

0
132

VirnetXとAppleとの長年にわたる特許問題において、最終的にフィナーレに達したかもしれません。同社は月曜日、AppleがiMessageとFaceTimeに使用したと主張する特許に対して、Appleに4億3,997万ドルの損害賠償を払うよう発表した。

インターネットセキュリティソフトウェアおよびテクノロジー企業であるVirnetX™Holding Corporation(NYSE AMERICAN:VHC)は、2017年9月29日、テキサス東部地区連邦地方裁判所が最終判決を下し、 VirnetX Inc.(以下「VirnetX」)とApple Inc.(以下、「Apple」)との継続中の特許侵害訴訟におけるVirnetXの陪審判決を下した。

VirnetXのケースは、FaceTime、iMessage、VPNに関連した5億3,300万ドルの特許侵害の告訴になります。アップル社は以前、VirnetXに裁判所で敗れ、2012年に3億6,800万ドルの支払い義務を命じられていたが、その判決は2014年に放棄され、新たな裁判が要求された。