iPad Proのアップグレードは、iPhone XのFace IDを採用する可能性が高い?

0
2

KGI証券の信頼できるサプライチェーンアナリストのMing Chi-Kuo氏からの新しい予測では、次のアップグレードでiPad ProのラインナップにiPhone Xの機能を定義することが期待されています。 KGIは、Face IDの顔認識がiPadのラインナップで可能になるTrueDepthカメラシステムを期待しています。

KGIはTrueDepthカメラが安価なモデルではなく、iPad Proモデルでのみ提供されることを期待しています。これは、10.5インチと12.9インチのProモデルがiPadのラインナップでフラッグシップを構成し、Appleが既にApple PencilとSmart Connectorですでに差別化を行なっていつからです。

このレポートでは、ホームボタンとタッチID指紋認識に何が起きるかは明記されていません。現在のiPadモデルを取り巻くフレームは、ホームボタンと新しいカメラシステムの両方に対応する可能性があると、KGIは、考えています。

また、iPhoneとiPadの両方で利用可能なTrueDepthカメラは、開発者の採用を増加させるとも述べている。タッチIDはアプリで自動的に顔IDに切り替わりますが、新しいカメラでも新しい深度機能が使用できます。

KGIは2018年モデルとして新しいiPadsを指していますが、現在のバージョンが6月に導入されたのですぐにアップグレードされたモデルは期待されません。