アップルコンピュータビジョン写真分析会社Regaindを買収

0
79

Appleは、コンピュータビジョンAPIを使って写真内のコンテンツを認識することに焦点を当てたフランスの新興企業、Regaindを買収した。 Appleは、会社の購入について尋ねられたときに、TCに標準的な確認書を発行している。

「Appleは時には小規模なテクノロジー企業を買収しており、一般的に私たちの目的や計画については議論していない」

Appleはすでに犬や夕日などの被写体を検索するためにPhotosアプリを通じて機能を提供しています。AppleのMemories機能は、コンテキストに基づいて写真のコレクションをインテリジェントに作成しますが、Regaindは現在のところiOSで使用されていない機能を提供しています。

Regaindは一歩進んで、あなたの写真の技術的、審美的価値をあなたに伝えます。たとえば、バーストモードでたくさんの写真を撮影すると、Regaindは自動的にベストショットを見つけ、フォトライブラリのメインショットとして使用できます。 Regaindは重複を隠すこともできます。

興味深いことに、Regaindはまたあなたの性別、年齢、感情をみるために、顔を分析します。 AppleがiOS 11でRegaindを活用するのに十分な時間があったかどうかは不明だ。Appleは、例えばReinningの技術をiPhone Xの新しいFace IDセンサーと組み合わせて、顔の表情を強化するかもしれない。

AppleにはEmotient、Perceptio、Turiなどの数多くの機械学習や顔認識会社があり、Appleのソフトウェアで強調されているAI機能に最近焦点を当てています。