アップルは、Face IDを使ったiPhone Xの顔認識がどのように機能するかを説明

11月のiPhone Xの発売に先立ち、「Face ID Security」と題された詳細な6ページのセキュリティ文書では、AppleがiOS上でFace IDを使用した顔認識がどのように機能するか、生体認証セキュリティとしての安全性、ユーザーにとってどのような問題があるかについて説明しています。

Face IDは、目線の方向を検出することによって注意を確認し、マッチングとアンチスプーフィングにニューラルネットワークを使用するので、電話をロック解除することができます。Face IDは外観の変化に自動的に適応し、バイオメトリックデータのプライバシーとセキュリティを慎重に保護します。

Face IDを使用する場合、パスコードは、次のような場合にはまだ使用されていると言います。

デバイスの電源が入ったばかりか、再起動。
デバイスが48時間以上ロック解除されていない場合。
パスワードは過去156時間(6日半)にデバイスのロックを解除するために使用されておらず、Face IDは過去4時間以内にデバイスをロック解除していない場合。
デバイスがリモートロックコマンドを受信した場合
顔にマッチする試みが5回失敗した後。
音量ボタンとサイドボタンを同時に2秒間押し続け、電源オフ/緊急SOSが開始された場合。

AppleはTouch IDの指紋認識のように5回失敗をした後、Face IDがパスコードになると言う。この白書は、Touch IDと比較してFace IDのセキュリティに関するAppleの主張を反映しています。

他人がiPhone Xを見てFace IDを使用してロックを解除できる確率は、1,000,000人中1人(Touch IDが50,000人で1人)です。マッチング確率は、双子や兄弟、13歳未満の子供の場合には異なります。なぜなら、明確な顔の特徴が完全には発達していない可能性があるからです。

そのような場合、アップルIDはタッチIDから後退しているFace IDではなく、パスコードオプションをしようする事を推奨します。

Apple PayでFace IDを使用する場合、iPhone XはApple Watchのように動作します。最初にiPhoneの新しい要件であるサイドボタンを2回クリックして、起動を確認する必要があります。

Face IDデータはデバイスに保存され、iCloudや他の場所にはバックアップされません。 AppleCareにサポートのためにFace ID診断データを提供したい場合にのみ、この情報はお使いのデバイスから転送されます。

顔ID診断の設定の一部として、既存の顔ID登録が削除され、顔IDに再登録するよう求められます。iPhone Xは、次の7日間の認証試行中にキャプチャされた顔ID画像の記録を開始します。その後、iPhone Xは画像の保存を自動的に停止します。 Face ID DiagnosticsはAppleに自動的にデータを送信しません。

アップルはまた、新しい外観と更新された情報を持つ顧客のプライバシーWebサイトを更新しました。 Appleはまた、iPhoneイベントに続いてインタビューでFace IDとプライバシーについても議論している。