OmniFocus、Plan、GraffleがiOS 11用に更新、ドラッグアンドドロップ、ファイルアプリのサポートなど

オムニグループは本日、iOS 11の変更をより有効に活用するために、iOSアプリケーション3つをアップデートしています。タスク管理アプリケーションOmniFocus、グラフィックデザインアプリOmniGraffle、プロジェクト管理アプリOmniPlanが対象となります。

OmniFocusは多くの新機能を追加しています。プロジェクト内またはプロジェクト間でタスクを移動したり、期限を調整するためのドラッグアンドドロップのサポートがあります。 iPadでは、アプリケーションをドラッグしてURLを保存することができます。また、コンテンツをOmniFocusにドラッグしてタスクを作成することもできます。

SiriKitはOmniFocusにも対応しており、簡単に新しいアイテムを作成したり、アイテムを完全にマークしたり、Siriだけで検索したりすることができます。 OmniFocusは、新しいiOS 11ファイルアプリもサポートするようになりました。

同様に、人気のある描画とグラフィックデザインのアプリであるOmniGraffleは、iOS 11の機能で、かなりの部分を追加しています。コンテンツのインポート、キャンバスとレイヤーの追加、ドキュメントの管理など、ドラッグアンドドロップのサポートがあります。 OmniGraffleはiOS 11のファイルアプリもサポートしています。

OmniGraffleのその他のアップデートには、SVG改善、Visioインポートサポート、Apple Pencilユーザーのバグ修正などが含まれます。

最後に、OmniPlanは、ドラッグアンドドロップ、ファイルアプリ、iCloudのサポートに参加しています。プロジェクト管理アプリケーションでは、アイコンやデザインの機能強化も見られます。