シネラはあなたのリビングルームでより良い映画視聴体験を

Cineraは、ほとんどの場合家庭では得られないユニークな視聴体験を提供します。 Cineraは、ホームシアターの経験をいくつかのノッチに置き換えることを目指しています。通常の映画館よりも高解像度の視聴体験ができると主張しています。

このヘッドセットはさまざまなソースからもコンテンツを取得します。 Android 6.0を実行すると、NetflixやHuluのような通常のストリーミングアプリをインストールできます。また、ヘッドセットはHDMI 1.4bもサポートしていますので、好きなBlu-Rayプレーヤーやゲームシステムを視聴することができます。

現在、$ 449から始まって、Cineraは2つの2.5Kディスプレイを搭載しているので、各目にはそれぞれ独自の画面があります。

現在のヘッドセットを改善するため、シネラ目指している別の領域は、腕や首に負担をかけない事です。

シネラはまた、映画館で3Dを見るときに、シャープネスだけでなく、全光出力の最大75%を失うと主張しており、3Dの見方を変えることを目指しています。 Cineraが3Dのやり方について語っていることは次のとおりです。

CINERAのデュアルスクリーンアーキテクチャは、この問題を完全に排除します。独自の立体ディスプレイシステムは、目のそれぞれに独自のディスプレイパネルと光路があり、フィルターがなく、品質が損なわれないことを意味します。これまで以上に明るく鮮やかな3D画像を楽しむことができます。

449ドルで、VRヘッドセットの安価な端にあり、CineraはHTC ViveやOculusよりもはるかに優れた解像度と画像を持っていると主張しています。 PPD(Pixels Per Inch)よりも「PPD」または「Pixels Per Degree」が重要であるといいます。

PPDは、人間の視覚における1度あたりのピクセル数に変換されます。数字が高いほど、良い品質の画像になります。ここでは、CINERAと他のいくつかのヘッドセットとのPPDの比較を示します。

より良い品質とより楽しい経験を備えたVR空間を楽しめる時期が近づいています。これは実際にホームシアター体験を引き継ぐヘッドセットとなり、最終的には良質で高品質の3D表示になる可能性があります。 2017年12月の現在の出荷予定日になり、詳細についてはKickstarterのページを見てください。

https://www.kickstarter.com/projects/2074302220/cinera-an-immersive-personal-theater-headset