KGIはiPhone Xの出荷見積もりを下げ、2018年に供給の制約を予想

KGI Securitiesは、火曜日のAppleの大イベント以来、iPhoneの予測に関する最初の2つのアナリストノートをリリースした。新しいレポートでは、KGIは、iPhone X、LTE機能を備えたApple Watch Series 3などのあまりプレアニカルではないプレオーダーや納品期日に対応しています。

KGIは8月に、3つの新しいiPhoneがすべてOLEDモデルと一緒に出荷されることは極めて少ないと予測した。具体的には、KGIはiPhone Xと呼んでいるものの2〜400万台を第3四半期に2〜400万台出荷し、年末までに4,500〜4,000万台出荷する予定です。

Appleは代わりに10月27日までiPhone Xの予約注文を受けておらず、新しいiPhoneは第3四半期に出荷された出荷台数がゼロとなる11月3日まで顧客に届くことはない。

それに対応して、KGIはiPhoneの出荷見積もりを今年4500万台から4000万台に削減した。さらに、KGIは、2018年前半までに供給が需要に追いつくとは考えていない。

しかし、今四半期のアップルの収益予測は、49〜52億ドルで、発売後の通常のiPhone販売台数を占めている。これは、AppleがiPhone 8とiPhone 8 Plusのユニットをたくさん販売することを期待していることを意味し、配信日を遅らせることが、すでに起こっていることを示唆している。

iPhone Xの予約注文日に関しては、KGIはこれがiPhone 8とiPhone 8 Plusの売り上げを混乱させることはないと予想しています。 KGIは、iPhone 8とiPhone 8 Plusの販売については控えめだと聞いている投資家もいるが、KGIや投資家は発売時にGold iPhone XオプションがないとKGIが予測したように出荷に影響を与えるとは考えていない。

KGIはまた、Apple Watchシリーズ3に、LTEでの通話とメッセージ機能を出荷していることを認めていました。 KGIはこれがシリーズ3をハイエンドスポーツウォッチ市場のトップに置くことができると考えていますが、電話機能を使用する際のバッテリ寿命は制限要因になる可能性があります。